プロジェクト概要

 

全国の子どもたちに、「自分で考える力」を育むノートをお届けしたい!

 
こんにちは。河田真誠(かわだ・しんせい)です。普段は「しつもんコンサルタント」として、企業でのコンサルティングや研修などを行っています。企業に伺って「こうするといいよ」という答えを教えるコンサルタントではなく、「どうすればいいかな?」と問いかけ、一緒に問題を解決していくタイプのコンサルタントです。

 
今、変化が激しい時代です。多くの企業で「これまでのやり方」が通用しなくなったり、これまで売れていた定番商品が売れなくなったりしています。そんな時には、過去の成功体験をもとに「こうするといいよ」というアドバイスをしていも、それが正しいかどうかはもうすでに分からないのです。

 

そこで私は「問いかけて、一緒に考えて、新しいものを創造する」ことができる「質問スタイル」を取っています。このスタイルが、「社員が自ら考え行動するようになった!」「現場に合った変化ができるようになった!」「会議が盛り上がる!」とご好評を頂いてます。

 

私自身、小さな頃から「変わっている」と言われ、周りには溶け込めず、先生からは腫れ物扱いをされて育ってきました。しかし、今の講師や作家の仕事をする中で「他と違う発想をすること」が強みとして、素晴らしいと評価をしていただくことが増え、「ダメ」だと思っていた自分の個性が、実はとても素晴らしいものだと気づくことができました。今では、その個性を活かして出版をするまでになりました。

 

 

かつての自分と同じように、学校の中で、個性を持て余している子どももいるはず。そうでない子も、「みんなと同じ」ではなく「自分らしく」生きていける社会になるといいなと思い、今は、企業でのコンサルの仕事の傍ら、全国の小中高校で「考える力」を育むための授業をさせてもらってます。

 

今回、その授業の内容をまとめたノートをつくり、全国の希望する学校に無料で配布したいと思っています。

 

今回あえてクラウドファンディングでこのプロジェクトを行う理由は、これをきっかけに同じような気持ちや問題意識をもっている人と繋がり、世の中をより良くするための小さな行動ができることを知ってほしいからです。

 

「教育を変える」というととても大きなことのように思えるけど、どんな高い壁だって、小さな一歩を積み重ねていくしかない。一人の1,000歩よりも、1,000人の一歩が大切だと思うので、目に見てわかりやすいクラウドファンディングを選択しました。

 

どうかご支援・応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

ノートの原点となった「考える力を養う授業」とは?

 

このノートを使った授業は、8年前から、全国の小中高校で行っていて、これまでに、述べ100校近くで「考えるチカラを育む授業」をしてきました。

 

このプロジェクトは「交通費も講演料も無料」として続けています。その中で、地元の新聞に取り上げていただいたり、先生同士から口コミで広げていただいたり、一緒に活動する仲間が、自分の子どもが通う学校やPTAに掛け合ってくれたり、他の仕事で地方に出向いた際に、先生やママ向けの講座を開催したりしながら、地道に開拓してきました。

 

■テーマ

「自分の夢を見つける」「自分のいいところを知る」「幸せを考える」など。

 

■授業の目的

①これからの変化の激しい時代に必要とされる人は、新しいものを創造できる人ではないかと考えています。言われたことだけをこなすのではなく、自ら考え行動し、変化を生み出していく人が求められてるのではと思っています。

 

社会に出ると、自分で考え生きていくことになります。その時に、道に迷わなくてもいいように、小さな時から、考えるチカラを育てていきたいと思っています。


②自分の幸せは自分で創っていくものだから。多くの人が、口コミのいいお店があまりおいしくなかったという経験があります。それは、みんなの美味しいと、自分の美味しいが違うからです。口コミや常識などは、「そう思う人が多い」というだけの話であって、そんな他人の声を聞いても、自分は本当の意味では幸せにはなれないのです。自分の幸せを知り、作り出してくためにも「自分で考える」ことが大切です。

 

■スタイル

「おばあちゃんが倒れていたら助けましょう」という答えを教えるのではなく、「おばあちゃんが倒れたいたら、どうしますか?」と問いかけ、自分の答えを生み出していくスタイルの授業です。

 

「どんな時に、幸せを感じている?」「自分の好きなところはどこ?」「友達の好きなところはどこ?」「もし、何でも叶うなら何を叶えたい?」「10年後、どうなっていたら最高に嬉しい?」などの質問を問いかけることもあります。

■流れ

講師が質問をして、まず自分の答えを紙に書き出す。その後、友達と自分の答えを伝え合うことを、何回か繰り返していきます。自分の答えを紙に書くことで、思考が整理できて、自分のことを客観的に見れるようになります。

 

質問によっては、「私、こんなことを考えていたんだ!」と自分自身を知るきっかけになる。友達と答えをシェアすることで、「そんな考え方もあるんだ」と視野を広げることができます。また、質問の意図や効果についても解説しています。

 

 

 

参加してくれた子どもたちの変化


受けてくれた生徒からは以下のような感想をいただいています。

・とにかく楽しかった!
・こんなことを考えてもいいんだ!って自由になれた。
・友達の答えが楽しかった。もっと好きになった。
・友達はスラスラ答えを書いてて、すごいなと思った。
・たくさん夢を叶えられる大人になりたいと思った。
・もっとちゃんと勉強したいと思った。

また、先生や親からは、そんな感想があります。

・もう1年以上、この子たちと関わっているのに、あんなに楽しそうにしている姿をはじめてみた。
・あの子が、こんな答えを書くとは思わなった。
・子どもたちの新しい一面をたくさん知れて、普段、表面的にしか関わっていないことがよく分かった。
・子どもは可能性で一杯で、それを引き出しているのも、阻止しているのも、周りにいる私達大人なんだと実感できた。

 

私は、この授業を通じて、誰かが思う「いい子」にならなくてはいいんだとか、一般に言われる「いい子」ではなくても、個性を持っていることが素晴らしいことや、自分の考えや性格が、みんなと「違う」ことはおかしいのではなく、もっと自分を主張してもいいことに気づいてくれたらいいなと思っています。


みんな、それぞれの「個性」を大切に、心地よく生きてほしいのです。いろんな価値観があり、いろんな良し悪しの基準がある、いろんな美しいやかっこいいなどの基準があって、「違うっていいよね」「違うからこそおもしろいよね」という価値観が広がるきっかけに今回つくるノートがなってくれたら嬉しいなと思っています。

 

 

 

述べ100校近く行ってきた「考えるチカラを補う授業」をノートに!

 

今回のプロジェクトでは、子どもたちの「考える力を育むための質問ノート」をつくり、希望する学校に無料で配布します。また、先生にホームルームの時間などを使い取り組んでもらうことも考えています。使い方に自信のない先生には、私の方で養成し認定している講師を派遣します。

 

ノートには「夢を見つける」「自分の良いところを見つける」など12テーマ別に、たくさんの「質問」が紹介されていて、自分の答えを書き込めるようになっています。

 

例えば「もし、何でも叶うなら、何を叶えたいですか?」、「自分の好きなところはどこですか?」、「友だちのいいところはどこですか?」などです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

「1+1=2」というような「記憶力」ではなく、例えば「空の上に何があったら楽しい?」のような「正解のない質問」に向き合うことで、考えるチカラを楽しく身に着けていきます。また、自分の答えをクラスメイトともシェアすることで、お互いの考えていることや個性を知ることができ、より良い友だち関係につながっていきます。

 

まずは、自分のできる範囲の中で具体的に行動して、この活動の成果を生み続けることが、一人でも多くの子どもが自分らしい人生を歩むことにつながると信じているため、無料配布を行うことを決めました。現在は、ノートは完成間近。全国には100名を超える講師となる仲間がいる状況です。

 

■概要
大きさ:A4ヨコ
枚数:60ページ(本文のみ)
印刷:表紙はカラー、本文は黒1色。
デザイン:子どもたちが自分の答えを書き込めるスペースがたくさんある。そして、親しみやすいようにプロのイラストレターに挿絵を依頼。

 

■今後の流れ
①クラウドファウンディングで資金を募集
②達成したら、ノートを印刷に出す。
③ノートを希望する学校を募集する。
④ノートを無料で配布する。
⑤それぞれの学校で取り組んでもらう。
⑥先生ができない場合には、講師を派遣する(無料)

 

 

 

一人でも多くの人が、「人と違っている」を自分の武器に、

本当にやりたいことを仕事にし、毎日が楽しい!と思える世の中へ

 

社会に出ると、自分で考え生きていくことになります。その時に、道に迷わなくてもいいように、小さな時から、考えるチカラを育てていきたいと思っています。

 

このプロジェクトの展望としては、まずは、全国すべての小中高校に、このノートを届け、将来的には、学校に「質問」が採用されることを目指しています。

 

そして、「周りの声に流されることなく、自分の人生を生きていくこと」が、当たり前になり、学校では、周りとは違う個性を認め合うことができ、いじめがなくなり、将来に大きな希望をもてるようになるといいなと思っています。


社会に出てからも、いやいや仕方なく働く毎日ではなく、心からやりたいと思えることを仕事にし、グチや不満を言うのではなく、自分にできることを考え、自分の幸せを自分で創造していける人が増えていく。ストレスなどはゼロになり、自殺をする人もいなくなる。


そんな毎日を楽しそうに生きている大人を見て、子どもたちも将来を楽しみにしていく。そんな社会の創造につながっていくと信じています。

 

 

資金使途について

 

デザイン代   66,400円  
イラスト作成   50,000円  
寄贈先募集ホームページ作成 100,000円  
梱包発送代金 300,000円  
印刷代 300,000円  
Readyfor手数料(税込) 183,600円  

 

必要金額合計: 1,000,000 円

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)