READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

火災を受けたミャンマーの難民キャンプにみんなで本を贈ろう。

菊池礼乃

菊池礼乃

火災を受けたミャンマーの難民キャンプにみんなで本を贈ろう。
支援総額
1,070,000

目標 800,000円

支援者
70人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2012年06月05日 00:07

大人も利用しています

難民キャンプの図書館で、絵本の読み聞かせ・・・と聞くと、利用者は主に子どもたちかな?と思う方がいらっしゃると思いますが、多くの大人の方も図書館を利用しています。

 

ウンピアム第1図書館をのぞいてみましょう!

 

 

御年70歳のノーメイさんが図書館で本を読んでいらっしゃいました。読んでいるのは、SVAで出版した、カレン民話集です。ノーメイさんとお話させていただきました。

 

「家にいてもつまらないでしょ。ときどき図書館に来て、本を読んだり、図書館員とおしゃべりしたりするのよ。好きな本は、カレン族の昔ばなし、そしてカレンニュースのクウェカルー(雑誌の名前)だわ。でも、文字が小さいと、なかなかよく見えないのよ。あはは・・・」

 

ノーメイさんとのおしゃべりはつきません。同じ部屋では、学生さんが英語の本を読んでいたり、子ども連れのお母さんが、小説を借りたりしています。最近は、女性の間で、アクションラブストーリーの小説が人気なのだそうです。

 

帰り際、ノーメイさんに、「将来的には、ミャンマー(ビルマ)に帰りたいですか?」と聞きました。すると・・・

 

「ビルマには帰りたくないわ。もし帰ったら、いつもビルマ軍から逃げないといけないのですもの。私はニューアライバル(2005年以降に難民キャンプに来た人々を指す。2005年以降はタイ内務省/UNHCRによる難民認定は行われていない。)なので、第三国定住にも行けないし、難民キャンプに留まるしかないわね。」

 

難民キャンプの人の声を聞くと、母国が平和になったら国へ帰りたい人、第三国へ行きたい人、ノーメイさんのように難民キャンプに留まるしかないと考えている人、様々な人がいます。

 

難民キャンプの現状については、6月6日にSVAミャンマー(ビルマ)難民事業事務所長の小野豪大より「四面楚歌になるミャンマー(ビルマ)難民キャンプの人びと」という題で、ご報告させていただきますので、タイ・ミャンマー(ビルマ)国境の難民キャンプの現状にご関心のある皆様、是非ご参加ください。

詳細はこちらからどうぞ!⇒http://sva.or.jp/event/event201205171763.html

 

長くなりましたが、図書館は子どもから大人まで、幅広い世代の人々に利用されています。

 

菊池

一覧に戻る

リターン

5,000

お礼状と報告書をお送りいたします。
キャンプの子どもたちが描いた絵のポストカードをプレゼントいたします。

支援者
28人
在庫数
制限なし

10,000

お礼状と報告書をお送りいたします。
ボランティアと同じTシャツをプレゼントいたします。
お名前を本に記載して図書館に寄贈させていただきます。

支援者
33人
在庫数
制限なし

30,000

*1万円分の引換券
上記に加え、カレンの織物で作ったショルダーバッグ、もしくは小物(どちらになるかはこちらにお任せ下さい)をプレゼントいたします。

支援者
10人
在庫数
制限なし

100,000

*1万円分の引換券
*3万円分の引換券
上記に加え、図書館内にお名前を掲げさせていただきます。メッセージを届けることも可能です。

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする