プロジェクト概要

貴重なサンゴ、生き物が生息する沖縄・辺野古の綺麗な海を、映像に記録して多くの方に伝えたい!

 

初めまして、和中道仁(わなか みちひと)と申します!私は沖縄県の読谷村に住んでいて、ゲストハウスの運営の手伝いの傍ら、沖縄の生き物であふれる綺麗な海を保つために、サンゴの保護活動やビーチクリーン活動などを行っています。今埋め立てられようとしている沖縄・辺野古の生き物あふれる海中の映像を通して、たくさんの方々に沖縄・辺野古の綺麗な海を知ってもらいたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

より多くの方に動画を見てもらいたいです!より多くの人に知ってもらうために広告・宣伝費を集めたいと思っています。みなさまのご協力どうぞよろしくお願いいたします!

 


沖縄の綺麗な海はサンゴがあってこそ

ご存じの通り、沖縄の海はとっても綺麗で、色とりどりの魚がたくさん生息していますが、それは何故かみなさんはご存知でしょうか?サンゴは植物のような形をした石に見えますが、実は動物です。そしてサンゴは、エビやカニ、小さな魚の大切な住処になっています。小さなエビやカニは、サンゴから栄養をもらって共生していたり、小さな魚は、大きな魚に食べられないように、サンゴを隠れ家にして生きていたり。そうした「サンゴを中心とした生態系」があることが沖縄の海が美しい理由なのです。

 

(サンゴと共生するカニ)

 

(サンゴに隠れて身を守る小さな魚たち)

 

海の生き物の約25%が、サンゴに関わって生きていると言われているほど、サンゴは、生態系にとって大切な役割をしてくれる生き物です。しかし今、そのサンゴがものすごいスピードで激減していることをご存じでしょうか?サンゴがなくなれば、色とりどりの魚をはじめとする、多くの生き物が生きていくことができなくなってしまい、美しい海が失われてしまうのです。

 

 

今、「激減」し続けている沖縄の海はサンゴ

 

サンゴがたくさんいる沖縄の海は、汚れのない「綺麗な海」というイメージがあるかもしれません。しかし実は、沖縄の本島周辺は、この30年間で、なんと約80〜90%のサンゴが死滅しています。気候変動による海水温の上昇、海の埋め立てや、生活排水が原因です。残っているサンゴは、30年前と比べると、たったの10%程度だと言われています。(沖縄県環境科学センター調べ)

 

(死んでしまったサンゴ)

 

(農地や工事現場から流出する赤土も、サンゴを減らす原因の1つです)

 

(赤土や排水、海水温の上昇により白化してしまったサンゴ)

 

 

辺野古の海はサンゴと生き物で溢れる綺麗な海だった!

 

30年間で80〜90%のサンゴが死滅するスピードで激減している現状があまり知られていない中、沖縄県の普天間基地を移設するために、名護市の辺野古の海が埋め立てられようとしています。

 

基地を移設する必要性もあるため、埋め立ててしまうのも仕方ないと思っていましたが、どんな海を埋め立てようとしているのか、自分の目で見てみたいと思い、実際に埋め立てが予定されている辺野古の大浦湾へ潜ってみました。いざ実際に大浦湾に潜って、びっくりするほど沢山のサンゴと、そこに住む色んな魚が生きる海なのだと知りました。

 

▼▼辺野古の海の美しさを伝えるサイトを作りました▼▼

       よろしければご覧ください。

    辺野古の海おつたえサイト「辺野古の海」

 

 

(辺野古のサンゴ礁と魚たち)

 

(世界一の規模を誇る、アオサンゴ大群落)

 

いま、沖縄本島周辺でのサンゴの減少を受けて、サンゴを少しでも再生させようという取り組みが行われています。そんな沖縄本島の中で、サンゴの大群落が生息している辺野古という場所は、とっても貴重な、かけがえのない海なのです。

 

 

辺野古の美しい海を知った上で判断してほしい。

 

今、沖縄県の普天間基地の移設先として、名護市辺野古の海が埋め立てられ、基地が作られようとしています。私達は、ほんとうに、自分の子供達の世代に、美しく貴重な美ら海を残すことより、海を埋め立てて基地を作ることを選ぶべきなのでしょうか?

 

多くの方は、埋め立てる辺野古の海のすばらしさを知らないまま、埋め立てに賛成しているのかもしれません。もし、そうならば、せめて、基地の必要性と、埋め立てる海のすばらしさの両方を知った上で、埋め立てるべきかどうかを判断してほしい。そう考えるようになりました。

 

かわいいクマノミがこんなにたくさん生息しています

 

 

沖縄の綺麗な辺野古の海の素晴らしさ伝えたい

 

辺野古の海の埋め立て作業まで、あまり時間がないため、多くの方に、辺野古の海の美しさを知ってもらうには、インターネットを通して、伝えることが一番効果的なんじゃないかと考えました。そこで思いついたのが、広告、特にyoutubeの有料広告です。動画は自分で作っているのですが、多くの方に辺野古の映像を見てもらうための、youtubeの有料広告の費用が、自分たちだけではまかなうことができません。

 

▼▼▼辺野古の海を伝える映像を作りました▼▼▼       

 

 

基地の建設に伴う辺野古の海が埋め立てられようとしている中で、辺野古の海の中に、たくさんのサンゴや生き物が溢れていることは、あまり知られていません。辺野古の海が、とても貴重で素晴らしい海なのだということを、1人でも多くの人に伝えたい。

 

そして自分たちがやろうとしていることを知り、「これでいいのだろうか」と再考するきっかけになると考えています。辺野古を守り、ここにしか生息しな魚やサンゴを守り、今の綺麗な海を守りたいと共感をあつめるきっかけになると思っています。

 

(共生するテングクマノミとサンゴ。)

 

そしてこれからは、貴重な自然を壊すことなく、自然と共生する暮らし方を考える人が増える世の中にしていきたい、そのきっかけしたいと思っています。そういう意味では、きっと、沖縄、そして日本の子ども達の将来の喜びに繋がると考えています。

 

Youtubeの有料広告費をご協力いただけますと幸いです。

 

辺野古の海の美しさをまとめたビデオの作成は、なんとか余暇の時間を使って作成できるのですが、どうしてもyoutubeの広告費が足りません。1名の方に広告の映像を見てもらう為に10円かかるため、とりあえず2万人の方に見てもらう事を目標に、20万円を皆様からご協力いただければ大変助かります。

 

「動画をYoutubeで配信するなんて、もっと他に効果的な方法があるんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、結局のところ、多くの方々に、サンゴや海、自然環境に価値をもってもらうことが重要だと感じております。

 

少しでもご協力いただければ、とても有り難く思います。頑張りますので、どうぞご支援・ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

和中

 

 

引換券について

・サンゴのオリジナルイラスト付き サンクスお手紙


・オリジナル辺野古のサンゴポストカード(2枚)

 

・オリジナル辺野古のサンゴステッカー(2枚)

 

・沖縄の天然サンゴの箸置き(ペア)

※生きているサンゴを採取したりはしないのでご安心ください。

※※写真はイメージです。

   

 

 

 

 


最新の新着情報