今回一緒に学校建設を行う学生団体Pumpit(パンピット)のメンバーを紹介いたします!

 

=======

中村多伽(たか)

 

■学校建設への意気込み
学校が完成したとき、子供たちが学校ではしゃぎまわるのを見るのと、大人たちとアンコールビールで乾杯出来るのを楽しみに、資金集めも建設作業も全力疾走で頑張ります。

 

■応援してくれる人へ
こうして偶然の縁で繋がれるのが本当に嬉しいです。一緒に学校完成を喜べる日まで、あと少しです!皆さんのワクワクをカンボジアで形にするのが今一番楽しみです。ありがとうございます。

 

=======

 

前田紫(ゆかり)

 

■学校建設への意気込み:
学校を一校建てたところで何が変わるの?そんな風に思っていたけれど、カンボジアの、ダチョー村の、子供たち、一人、一人、に思いを馳せると、"この一校"を建てることがとてつもなく大事だ、と思えるようになりました!

 

■応援してくれる人へ:
たくさんの人の力を借りて、たくさんの人の気持ちを預かって、共感してくださる人みんなで学校を建てられたら、本当に素敵だなと思います。完成をご報告できる日を楽しみにしています!

 

=======

 

石田一眞(かずま)

 

■学校建設への意気込み
元々僕は学校建設に反対していましたが、現地を実際にみて学校の必要性やその確かな意義を感じました。その想いを胸に意気込んでいます

 

■応援してくれる人へ
このプロジェクトを全力でやりとげること、そして現地の様子や学校の様子を報告することでそのありったけの感謝をお返ししたいです。本当にありがとうございます。

 

=======

 

今田朱音(あかね)

 

■学校建設への意気込み
わたしはカンボジアに行ったこともなければ、もちろん現地の子供達と直接触れ合ったこともありません。事情により建設作業に参加することもできません。けれど、現地に行ってきた仲間たちの熱い想いに触れて、そして、カンボジアの子供たちが作ったミサンガをもらって、建設の重要性をひしひしと感じています。建設作業が始まること、そこでみんなに絆が生まれること、そして学校が完成してみんなが笑顔になること、その報告を見るのが心の底から楽しみで仕方ありません!そのためにも今自分のすべきことを全力で頑張ります!

 

■応援してくれる人へ
笑顔は伝染します。カンボジアの子供たちから、日本から現地に行った大人たちに、そして現地に行かなかった方々にも少しずつ伝播していく幸せを感じて頂けたら嬉しいです!

 

=======

 

稲垣智子(ともこ、がっきー)

 

■建設の意気込み

握力発揮します!

 

■応援してくれた人へ
一緒にわくわくしましょう!

 

=======

 

池上準平(ジュンペイ)

 

■学校建設への意気込み
汗だくになる

 

■応援してくれる人へ
一緒に感動を味わいましょう!

 

=======

 

近藤裕哉(こんちゃん)

 

■学校建設への意気込み
物価の上昇とか、円高とか、なんか目に見えない敵が来てるみたいですけど、そんなの関係ないです!吹っ飛ばします!

 

■応援してくれる人へ
今まで、Pump itは、いろんなことがありました。決して順風満帆といえるものではなかったです。それでも、なんとかここまで来ました。あと少し、なんとしてもやり遂げたいです。よろしくお願いします!

 

=======

 

岩崎洸樹(やたろ)

 

■学校建設への意気込み
誰よりも沢山働いて、誰よりも遊びます!

 

■応援してくれる人へ
僕達はまだ普通の「募金」をしたことがありません。それは僕が「募金箱を目にすると、緊張と義務を感じてしまう」という事と、「応援してくれた人に報いたい、募金だと多くの人が二度と会えない」という理由です。
「頑張ってる人に選択肢を広げたい」という自分の夢はいつしか、自分達の夢になり、ここまで振り返ると一人では成し遂げれなかったことばかりです。それは団体のメンバーだけでなく、両親や周りの応援してくれる社会人など沢山の方々です。僕達が僕たちを応援してくれた方々に対する一番の恩返しは、約束を守ることだと信じています。
「頑張ってる人に選択肢を広げる」という気持に共感し、応援してくれた方々に約束を果たし、伝えることが一番の感謝の表現の仕方だと思っています。

 

=======

 

斉藤吉宏(とぅー)

 

■学校建設への意気込み
今年の夏でカンボジアに行くのは5回目、学校建設は3回目です。
完全にハマってます。
カンボジアに、子供達の笑顔に、そして、仲間と1つの目標に向かって駆け抜ける時間に。

 

■応援してくれる人へ
『あなたの夢はなんですか?』僕は初めてカンボジアに行った時、この質問に答えることができませんでした。一方、現地の子供達は、「お母さんの病気を治すために医者になりたいんだ!」「この村には先生が足りてないから教師になりたい!」そう胸を張って言います。夢を実現する環境はあるのに夢が無い自分。夢はあるのに実現する手段がない子供たち。それってすごく不平等だなと僕は思います。『夢を実現するための機会が平等にある世界』そんな世界をPumpitと一緒に作りませんか?

 

=======

 

多田拓歩(たくほ)

 

■学校建設への意気込み
僕自身カンボジアへ行ったことはありません。そこの子供たちにも会ったこともありません。が、僕が行動すれば、笑顔になってくれる子供たちが確かにそこにいるんだ。と、思うとワクワクして、よっしゃ頑張ったろ!という気持ちになります。

 

■応援してくれる人へ
僕が感じているこのワクワクを伝え、学校完成を一緒に喜べる仲間になれたら嬉しいです。

 

=======

 

加藤翼(つばさ)

 

■学校建設への意気込み
学校はただ勉強するだけの場所ではありません。子どもたちは学校で友だちと遊び、数え切れないほど貴重な体験をするのです。僕たちの建てた学校で、カンボジアの子どもたちがかけがえのない体験をするとしたら…。僕は絶対にカンボジアに学校を建てようと思うのです。夏、カンボジアに学校が建っている景色を想像すると、熱い思いが胸に湧き上がってきます。

 

■応援してくれる人へ
今までほんとにたくさんの方々のご支援をいただいてここまでくることができました。本当にありがとうございます。学校建設まであと一歩のところまできています。あと少し、どうかいっしょにお付き合いいただけると嬉しいです。

 

=======

 

矢留麻衣(とめ)

 

■学校建設への意気込み
日本には無い環境のなかで自分に出来ることに関わりたいと思ったのがきっかけです。子供たちの笑顔のために、未来のカンボジアのために、小学校建設を通して何か残すことができたら嬉しいです

 

■応援してくれる人へ
誰もが持っている熱い想いをPumpitが形にしていきたいと思っています。
国境や人種を越えた繋がりを届けることが出来るように頑張ります

 

=======

 

高山晏奈(あん)

 

■学校建設への意気込み
校舎は子供時代のワクワクをたくさん詰めた宝箱です。
自分が当たり前に貰ったかけがえのないものをあの子供たちにも手渡せたらという気持ちを原動力に精一杯頑張ります。

 

■応援してくれる人へ
Pumpit!の活動は不思議な縁で多くの人に支えられているんだなと考えると力が湧いてきます。
完成のご報告でめいっぱいの感謝を伝えられたらと思います、本当にありがとうございます。

 

======

 

國府晃(あきら、あっきー)

 

■学校建設への意気込み
最後までやりきるのが苦手だけど、今回は最後までやりとげたい。

 

■応援してくれる人へ
期待に応えたい

 

=======

 

橋本早耶香(さやか)

 

■学校建設への意気込み
今までにないぐらい濃い日々にします。力仕事、男子に負けません。今一番の楽しみはカンボジアに行くこと。

 

■応援してくれる人へ
応援していただきありがとうございます。こうしてpumpitの考えに共感していただける方がいることがとても嬉しいです!カンボジアの子どもたちが自分の夢を叶えられる日が来るよう、全力で頑張ります!!

 

=======

 

倉知奈々子(ななちゃん、くらち)

 

■学校建設への意気込み:
私は、去年の夏にカンボジアに視察をしに行きました。そこで、現地の子供たちと触れ合う機会がありました。学ぶのが大好きな子供たちの姿を見て、その子達の学ぶ機会を作りたいと思いました。夢や希望を、子供たちと共有したいです。

 

■応援してくれる人へ
応援して下さって、本当にありがとうございます。皆さんのお力をいただいて、ここまで来ることができました!あともう少しです!メンバー皆で力を合わせて、全力疾走します!!皆さん一人一人の思いを形にしたいと思います。皆で作り上げましょう!!

新着情報一覧へ