くろんと雪はとてもおとなしく人の心も理解できる子たちです。家に来た時は、びくびくオドオドと人や全ての物に怯えていましたが、愛情を掛けると、敏感にこたえてくれました。人に裏切られ続けて来たのに、ひとを愛する心をいっぱい持っています。「ほごけんくろんとゆき」はそんな日常の1コマを描いたものです。

新着情報一覧へ