プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

絹の町本庄市と縫製産業を誇るバングラデシュをつなぎ
農業の未来をつくっていきたい

 

初めまして、有限会社柴﨑商会の柴﨑哲児と申します。私は地元の埼玉県本庄市で家業として農業機械販売業を営んでおり、地域の生産者の方々のサポートをしています。日々の仕事の中で本庄市の農業や地域の課題を感じることがあり、5年前から地域に根ざした文化貢献や地域振興事業にも力を注いでいます。

 

地域振興事業を通してたくさんの方々と出会う中で、バングラデシュ人民共和国(以下バングラデシュ)の大手縫製企業様とご縁がありました。昨今、バングラデシュでは縫製技術が進歩しており、国が誇る産業の一つになっています。また農業の推進に力を入れている国でもあります。

 

バングラデシュについて知識を得ていく中で、本庄市、そして日本の農業を可能性を広げていくためにも、本庄市とバングラデシュの交流を深めるべきだという思いが強くなりました。

 

そこで今回は、本庄市とバングラデシュの交流を深めていくために私が踏み出せる第一歩として、絹の町本庄市でデザインしたTシャツをバングラデシュの縫製企業様と一緒に作るプロジェクトを立ち上げます。Tシャツを通して二国間をつなぎ、農業の明るい未来を作っていくために、ぜひ皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか?

 

地域の1/2成人式にも参加しました

 

悩みながらも取り組んできた

本庄市を盛り上げていくためのチャレンジがくれたご縁を活かして

 

本庄市は、市外への若者の流出による人口減少が起きており、高齢者への対応、個人事業主や零細企業の破綻など、様々な問題が出てきています。農業に関しても、一部の法人以外の農家は存続の危機に陥るところもあります。

 

農機販売で地元の生産者の方々を支えてきた私たちも、後継者のいない生産者様の廃業に立ち会った時は、胸を引き裂かれる思いでした。同時にこの状況は、農機を販売する私たちにとっても大きな問題でした。

 

"どうにか本庄市に活路を見出さないといけない"という苦しい思いを持ちながら、日々業務と向き合ってきました。そんな中、若い頃は音楽に携わっていた経験のある私に、地元企業様より地域振興に力を貸してほしいとお声がけいただきました。私に務まるのかという不安はありましたが、地元のために挑戦してみることにしました。

 

このことがきっかけとなり、音楽製作、バンド、イベント企画、映画製作と、地域振興のための様々なチャレンジに広がっていきました。そして、これらの活動を通して、多くの方々と知り合うことができました。その中で、バングラデシュの縫製企業様をご紹介いただく機会があり、今回のプロジェクトにつながっています。

 

本庄市の地域イベント「食と農」の音楽ステージに参加

 

 

なぜバングラデシュの縫製企業とTシャツをつくるのか?
バングラデシュという国のもつ可能性

 

縫製はバングラデシュの誇る産業の一つです。ですが、それだけの理由でなぜバングラデシュの縫製企業様と一緒に作るのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。私自身もバングラデシュに対する知識はあまり持っていませんでしたが、知れば知るほど、可能性のある国だと認識させられています。

 

アジアの中でも急速に発展している国の一つであるバングラデシュは、日本と気候風土が似ており、国のさらなる発展のために生産率をあげるべく、日本の現代農業のノウハウを取り入れたいと考えており、国の政策として取り組んでいます。

 

一方、本庄市(日本)では、農業は衰退の一途をたどっています。

 

そこで、人材交流としてバングラデシュから人材を受け入れることで、人材不足を解消しながら育成の機会を提供したり、バングラデシュで本庄市の農家が作物を作ったりするなど、二国間の交流によって、二国の農業発展への可能性が感じられます。

 

これを実現するための第一歩として、今回は日本の産業・文化とバングラデシュの技術を組み合わせてTシャツを作ります。本庄市は古くは武蔵国、宿場町として栄え、絹産業や養蚕が盛んな地域でしたので、このプロジェクトで古き良き文化を継承していきたいという想いもあります。

 

■製作内容■

 

ハンドメイドブランドprotonによる

本庄市児玉町雉岡城跡地内に古くから咲き誇る児玉千本桜

をインスパイアしたデザイン

 

皆さまからのご支援で、

合わせて600枚を2019年2月末までに製作します

 

 

メンズでも花柄を取り入れた製作記念タイプ「幻桜」

 

 

 

ガーリーなデザインの製作記念タイプ「手毬桜」

 

 

 

 

ユニセックスなデザインが日常に溶け込む「Airtwoker」

 

 

Tシャツをきっかけに多くの方に

本庄市とバングラデシュの架け橋なっていただきたい

 

今回のプロジェクトは単なるTシャツ作りだけを目指している訳ではありません。本庄市とバングラデシュがつながることで本当の意味での地域創生となったり、国を超えてお互いがその価値の創出場所を構築したりと、そんな架け橋にこのプロジェクトがなってほしいと願っています。

 

また、私たちのよう衰退産業に携わり苦悩されてる方々、バングラデシュのようにこれからの発展に奔走されてる方々、近未来を想像して共生できる社会を模索する方々。そんな方々に知っていただき、手を取り合うきっかけとなってくれたらと思っています。皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
本庄の田畑の風景を守っていきます

 


最新の新着情報