本年はご支援まことにありがとうございました。

本年は、プロジェクトへのご支援を賜りまして誠にありがとうございました。

皆様のご支援をもとに開催いたしました9月19日のワークショップでは、3時間半の長丁場にも関わらず、18人の方に参加を頂き、障がいとは何か、子どもたちの芸術体験の意味や目的、私たちに何が出来るかなどを考えました。ワークショップをきっかけに、思いを共有できる方々とつながることができたのはご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

また、年明けからの開催になりますが、ホスピタルシアタープロジェクトを開催出来ることになりましたことを併せてご報告させて頂きます。

2016年2月に巡演(日にち未定、施設(東京都内)公募中)、3月5日・6日と中野の宝仙大学にてオープンデイ(一般公開)を開催予定です。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/htp2015-outline.htm

 

皆様から頂いたご支援を今度はまさに子どもたちに還元していく

2016年への決意とともに、厚くお礼申し上げます。

お力添え誠にありがとうございました。

 

プロジェクト担当者 小川まき

 

=ホスピタルシアタープロジェクトWS 報告=

2015年9月19日 オリンピックセンターにて開催

講師

・飛田勘文

・中山夏織

プログラム内容

・障がい者芸術や障がいについて、レクチャーや用語の整理など。

・ワークショップ1

 スケール:2人一組のペアがテーマに沿って一枚の写真となる残りのペアは  鑑賞者となり、事実と考察のディスカッション

 ブラインドウォーク

・事例紹介:イギリスの劇団オイリーカートのビデオの鑑賞・講師の解説

・ワークショップ・作品発表

 4つのチームに分かれて四季を表現。小道具や身体を用いて四季を表現。

 

フォトギャラリー:

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています