クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

全国の方言を使った手製本絵本「ほんとのかあちゃん」を広めたい

白野 勢津子(ペンネーム:おおよどながら)

白野 勢津子(ペンネーム:おおよどながら)

全国の方言を使った手製本絵本「ほんとのかあちゃん」を広めたい
支援総額
52,000

目標 186,300円

支援者
10人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2015年01月03日 11:59

方言絵本『ほんとのかあちゃん』が海外で読まれる理由・その1

方言絵本『ほんとのかあちゃん』プロジェクトは、日本全国47都道府県の方言で、同じお話をあらわそうとするプロジェクト。

ただいま、福岡(博多)弁、秋田(大館市)弁、京都(京ことば)弁、奈良(當麻町)弁、沖縄(沖縄南部)弁、岩手(県央)弁、島根(出雲)弁、富山弁が完成しています。

 

この本は、電子本となってAmazonで販売しているのですが、Amazonの販売先にはアメリカ、イギリス、ドイツ、ブラジル、スペイン、インドなどなどがあって、たまにアメリカとイギリスから購入があります。

いままで購入があったのは、福岡博多弁、沖縄南部のことば、岩手県央のことば、富山弁です。

・・・さてどんな人に買っていただいているのでしょうか???

 

残念ながら、私にはどなたに買っていただけたのか知る事はできません。

ただ、推測するに、海外在住の日系人だと思います。

なぜなら、1)日本語がよめること 2)ディープな方言が理解できる事 が条件になるからで、この条件を満たすとしたら、やはり日本人なのだろうなあ・・・とおもうのです。

 

たとえば、海外勤務の長い駐在員さん。嫁がれた方。学生など。

 

日本語の本は、現地の日本人街などにいけば、割と最新のモノが手に入りますし、ネットの発達した今日ですから、通販を利用すれば、少し時間と費用はかかりますが手に入ります。

・・・が、しかし!

ディープな方言で書かれた書籍はなかなか手に入らないと思います。

それはたぶん日本国内でも容易ではないでしょう。

それが、Amazonなどの電子書籍を通じて、ネットで購入できてしまえるのだから、考えてみればすごいことです。

 

私も通算2年程アメリカに住んだ経験がありますが、やはり日本語、そしてさらには方言を聞くと、ものすごく懐かしく、心が熱くなった思い出があります。

誰にでも『ふるさと』があるのですね。

 

もし、Amazonを通して『かあちゃん絵本』を購入された方がいらっしゃいましたら、是非その経緯をお聞かせ下さい。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

富山弁AmazonUSAのページ

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

在庫制限無し
●オリジナルデザインの便せんによるサンクスレター

支援者
4人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

在庫制限無し
●オリジナルデザインの便せんによるサンクスレター
●オリジナルデザインのポストカード3枚

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

在庫制限無し
●オリジナルデザインの便せんによるサンクスレター
●関連グッズ『かあちゃんの唐辛子』1冊。
(手作りですので、発送におよそ1週間お時間いただきます)
●2015年1月〜12月までの間に制作された『ほんとのかあちゃん絵本』の手作り本と電子本にその支援者の名前を入れる。

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

在庫制限無し
●オリジナルデザインの便せんによるサンクスレター
●関連グッズ『かあちゃんの唐辛子』1冊(手作りですので、発送におよそ1週間お時間いただきます)
●『ほんとのかあちゃん』オリジナルポストカード3枚
●2015年1月〜12月までの間に制作された『ほんとのかあちゃん絵本』の手作り本と電子本にその支援者の名前を入れる。
●読み聞かせ会入場料無料券お一人様用1枚発行

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

在庫制限無し
●オリジナルデザインの便せんによるサンクスレター
●手製本「ほんとのかあちゃん」シリーズのうちご希望の1冊。(手作りですので、発送までに3週間お時間いただきます)
●『ほんとのかあちゃん』オリジナルポストカード3枚
●2015年1月〜12月までの間に制作された『ほんとのかあちゃん絵本』の手作り本と電子本にその支援者の名前を入れる。
●読み聞かせ会入場料無料券お一人様用1枚発行

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする