こんばんは!o(^▽^)oいつも多くの御支援誠にありがとうございます!! また、1つ1つの応援コメントがとても励みになります。 目標まではまだまだ足りませんが、少しでも目標に到達できるよう頑張ります! つきましては、多くの方にこのプロジェクトを周知いただければと思います。 さて、今日はカンボジアが抱えている教育問題についてお話ししたいと思います。 現在カンボジアの教育問題として、 貧困 教師不足 識字率の低さ 就学率の低さ などがあります。 これらの原因としてカンボジア内戦が挙げられます。 1970年頃、ポルポト率いるクメールルージュは多くの罪のない人々を虐殺しました。 その際、知識人-学者、研究者、教師などを中心に虐殺しました。 末期には眼鏡をかけているだけで殺されることもありました。 そのせいで、戦後、子供達に勉強を教えるひとがいなくなってしまい、勉強できない人が子供を教えるという悪循環にはまってしまったのです。 私たちの活動が少しでもこの問題に対して貢献できていければと思っています。 それでは明日もよろしくお願いします!
新着情報一覧へ