READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

気仙沼の高校生が考案!地元食材を活かした新商品「なまり節ラー油」を全国に届けたい

気仙沼の高校生が考案!地元食材を活かした新商品「なまり節ラー油」を全国に届けたい

支援総額

1,695,000

目標金額 1,400,000円

支援者
154人
募集終了日
2013年9月18日
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2013年07月16日 00:52

3. i.clubって?

みなさんこんにちは!おとといからクラウドファンディングがスタートしましたが、ブログを見ていただき、ありがとうございます。


そして!さっそくたくさんの方々からのアツい応援が届きました!!
高校生たちのいきいきした様子が皆さんにも伝わっていて、嬉しい限りです!
みなさん、本当にどうもありがとうございます!!


さて、Readyfor?の新着情報から見て来たけど、i.clubって何なんだろう?


そう思ってらっしゃる方も、いらっしゃるかもしれません。
そこで今回は「i.clubって何?」を紐解いていきたいともいます。


i.clubとは、innovation clubの略。つまり、イノベーションを起こすクラブ活動なのです!そしてそのクラブ活動の主体は高校生。辞書を引くと技術革新、などと訳されるイノベーションですが、i.clubでは「地元の良さを再発見し、地元で新しい価値を生んでいくこと、そしてそれが社会を変えていくこと」と考えています。つまり、参加する高校生に、地元の良さを再発見し、学校、そして世代の枠を超えたつながりを構築しながら、地元で新しい価値を自ら作り出していく機会持って欲しい、その機会を提供しようと活動しているのです。

 

地元の良さの再発見から、新たなアイデアを生み出し、人々の考えや行動に大きな変化を起こす。それがつまりイノベーションであり、innovation club 略して、i.club(あいくらぶ)が達成したいことなのです。

 

では、なぜi.clubはこのように考えるようになったのでしょうか?


そこには、「若手の地域離れ」に対する問題意識がありました。日本、そして世界を見渡してみると重大な社会的課題として若手の地域離れ各地域にとっての脅威となっています。将来的に見ると、地域の人口減少、さらには担い手不足による産業衰退などにも繋がり、地域の持続的発展を困難にする可能性もある。そこで、「この若手の地域離れの解決を目指そう!」その思いからi.clubはスタートしました。

そんなi.clubが目指すのは各地域の若手が「地元と生きる」という新たな選択肢を得る社会です。各地域の若手が、最も身近である「地元」をテーマに、その良さを再発見し、学校、そして世代の枠を超えたつながりを構築しながら、新しい価値を自ら作り出していく。それによって「地元と生きる」という新たな選択肢を得る社会ができたら、素敵なことだと思いませんか?

 

次回は「どうしてイノベーションになまり節なの?そもそもなんでドライフードなの?」ということに迫りたいと思います。是非また見てくださいね!



(TOM)
 

一覧に戻る

リターン

5,000

alt

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)
・活動報告書へのお名前の記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
99人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)
・「昆野さんのなまり節!」(1パック)
・高校生からのサンクスレター
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
51人
在庫数
制限なし

30,000

alt

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)×2
・「昆野さんのドライフード!」スペシャルセット
・高校生からのサンクスレター
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

alt

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)×2
・「昆野さんのドライフード!」スペシャルセット
・「高校生がチョイス!食べらいん!気仙沼のドライフード!」スペシャルセット
・高校生からのサンクスレター
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
2人
在庫数
制限なし

100,000

alt

・「なまり節ラー油※」お裾分けセット(2瓶入り)×3
・「昆野さんのドライフード」(1個)
・「高校生がチョイス!食べらいん!気仙沼のドライフード!」スペシャルセット
・高校生からのサンクス寄せ書き(高校生全員がメッセージを書きます)
・活動報告書へのお名前とコメント(140文以内)を記載(希望者のみ)
・活動報告書

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする