READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

存続の危機にある京都一休寺の枯山水庭園を希望の光で照らしたい

存続の危機にある京都一休寺の枯山水庭園を希望の光で照らしたい

支援総額

1,723,000

目標金額 1,500,000円

支援者
98人
募集終了日
2015年4月27日
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2015年04月10日 09:00

虎丘庵への思い

一休禅師が晩年過ごした庵を虎丘庵といいます。元は京都の東山の麓にあったものですが応仁の乱がおこり京都市内を逃れこちらへ移ってきた時に一緒に移築をされたものです。ここで禅師は森女という盲目の女性と生活をされるわけですが同時に様々な文化人がこちらの庵を訪ねたと言われています。今日本に伝わる伝統文化というのは室町時代に端を発するものが多いですがこの虎丘庵での交流もその一つであります。一休禅師は幼少期から漢詩の才能にすぐれ様々な芸能事に通じておられました。また自分でも愛用の一節切という尺八で音色を奏で音を楽しんでおられたようです。

 

この虎丘庵は当時の文化サロンの役割をはたしていたようです。お寺に人が集まりまたそれによって切磋琢磨し新しい文化を発信してきたのです。私はこのことこそがお寺の本来の姿なのではと思っています。この虎丘庵の伝統を今に伝えたい。そのような思いで様々なアーティストと積極的にコラボレートしていきたいと考えております。このライトアップはその活動の一つであり記念すべきスタートであります。

 

京都の文化を明日そして未来にに伝えたいのです。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

1)サンクスレター
2)プロジェクト活動報告書
【NEW!】
3)京都写真の第一人者水野克比古一休寺ポストカード8枚組

支援者
36人
在庫数
制限なし

10,000

alt

1)2)3)に加え、
【NEW!1名分追加】
4)イベント当日入場券(2名)
5)当日菓子もくもくじプレゼント

支援者
52人
在庫数
制限なし

30,000

alt

1)2)3)4)5)に加え、
【NEW!】
6)一休禅師愛用五条袈裟紋風呂敷

支援者
10人
在庫数
37

50,000

alt

1)2)3)4)5)6)に加え、
7)住職色紙
【NEW! 4/17追加】
8)当日の抹茶接待(2名)

支援者
7人
在庫数
22

100,000

alt

1)2)3)4)5)6)7)に加え、
8)当日の抹茶接待(2名)
【NEW!】
9)山中塗一休寺特製花台(丸香台)

支援者
0人
在庫数
10

150,000

alt

1)2)3)4)5)6)7)8)9)
10)精進料理接待(2名)

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする