今日は「橘(たちばな)」柄です!

「橘」は古事記に不老不死の理想郷「常世の国」に自生する植物と記されているとか。長寿を招き多くの子供を授かるとされている文様で、強い吉祥性を持つ文様ですね。


花嫁衣装はもとより婚礼の掛け袱紗、お祝いの席の着物にはよく目にします。
お正月の鏡餅の上に蜜柑を乗せるのもそのためです。


京都御所の紫宸殿に植えられている「右近の橘」はご存じの方も多いのでは-。

柑橘の「きつ」は「吉」に通じ、その形が大きいほど「大吉」につながります。


橘だけというより、他の吉祥文様と合わせて振り袖や留袖に描かれていることが多いです。たとえば、大きめの青海波と橘を合わせて、「良いことが(波のように)続きますように」という意味で。


家紋にはよく使われ十大家紋の一つなので、我が家の家紋も「橘」ですという方も多いですね。

 

新着情報一覧へ