今日は「矢絣」(やがすり)

日本では非常に古くから使われている模様で、本来は矢羽模様の絣を指しているそうです。

矢は射ったら戻ってこない、刺さったら抜けないことから、江戸時代は結婚したら戻ってこないように、持たせたそうです。羽根模様は女性に縁起のいい柄ですね。

また「的に当たる」事から縁起が良いとされて、商売や家紋にも使用されていますね。

明治・大正時代には矢羽根柄の着物と海老茶色の袴を合わせた衣装が女学生の間で流行し、「海老茶式部」と呼ばれ、現在では大学の卒業式の際にみなさんよく着てますね。

“ハイカラさん”ですね~!

 

 

新着情報一覧へ