READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

障がいがあってもIT技術者になるための勉強の場を作りたい!

澤村貴雄(シュールボックス代表)

澤村貴雄(シュールボックス代表)

障がいがあってもIT技術者になるための勉強の場を作りたい!

支援総額

330,000

目標金額 3,000,000円

支援者
36人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年03月28日 17:19

作りたいもの その5

 今回は運営母体となるシュールボックスについてお話しします。今後は、株式会社シュールボックスとして法人化の予定です。「NPO法人にしないの?」との質問が多数あったので、方針についてご説明させていただきます。
 シュールボックスは福祉事業を行うわけではありません。ソフトウェア・ハードウェアを開発する事業体です。NPO法人の要件を満たしていないので、そもそもできないのです。
 私自身は、障がい者「も」働ける会社を作りたいですが、障がい者「が」働く会社を作るつもりはありません。そもそも全員がフラットで、能力がある人材を採用していくだけです。
 このような場所で働いている方が、たまたま障害のある方だったということだけです。
 IT業界は変動が激しく、事業目的を増やさなければいけない場面が出てくるかと思います。そのような時に定款の変更でも2ヶ月間の縦覧が始まって、そこから2か月で審査です(設立時もですが)。こんなペースでは置いて行かれます。
 その他活動範囲等の制限がある事も都合が悪いのです。
 シュールボックスは世界と戦うつもりでいます。役に立つものを世に輩出していきます。それは国は関係なく、どこでも役に立つものになるはずです。
 以下はプロジェクトページ本文からの抜粋です。
------------------------------
 プログラム能力を身に着けることが出来たならば、障がい者の当事者として、過去に困ったことを解決できるソフトウェアやスマートフォンアプリを作成する事が出来るようになります。これは、健常者では気付かない事も多く、つまりは健常者以上に価値のある人財になるということです。このように、障がいをマイナスではなくプラスに転換する事がIT分野では可能なのです。これが実現できると、収入面も含め、本当の「自立」ができると考えています。
------------------------------

引き続きご支援よろしくお願いします。

一覧に戻る

リターン

5,000

・サンクスレター

支援者
19人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスレター
・シュールボックスホームページでの支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・教室ホームページ(今後作成)での支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)

支援者
15人
在庫数
制限なし

30,000

・サンクスレター
・「デコ杖」用シール
・シュールボックスホームページでの支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・教室ホームページ(今後作成)での支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・北海道のお菓子(蔵生・ジャガポックル・雪やこんこ・よいとまけ・札幌農学校クッキー)からご希望の1種類

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

・サンクスレター
・「デコ杖」本体
・シュールボックスホームページでの支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・教室ホームページ(今後作成)での支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・北海道のお菓子(蔵生・ジャガポックル・雪やこんこ・よいとまけ・札幌農学校クッキー)からご希望の3種類
・授業体験1回分

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

・サンクスレター
・「デコ杖」本体
・シュールボックスホームページでの支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・教室ホームページ(今後作成)での支援者一覧ページへの記載(希望者のみ)
・北海道のお菓子(蔵生・ジャガポックル・雪やこんこ・よいとまけ・札幌農学校クッキー)全種類
・授業体験3回分

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする