READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

カンボジア農村部の小学生にオリジナル算数ドリルを届けたい!

IVYyouth(富樫航)

IVYyouth(富樫航)

カンボジア農村部の小学生にオリジナル算数ドリルを届けたい!

支援総額

380,000

目標金額 300,000円

支援者
52人
募集終了日
2015年7月26日
プロジェクトは成立しました!
8人がお気に入りしています

8人がお気に入りしています
2015年07月08日 17:05

ドリルができるまで

こんにちは、IVYyouthです。

 

たくさんの方にご協力いただき7月8日15時までに目標金額の70%を達成しました!

目標とする30万円まであと少しとなりました。そして、たくさんの応援者からのメッセージが私たちの励みとなっています。残り18日間より多くの方々からのご支援をお待ちしております。

 

 

さて、今回は私たちが作っている算数ドリルの制作について、前回渡航をもとに書いていこうと思います。

 

まず最初にカンボジアで使われている現地の算数の教科書を見て、どのような内容が扱われているかを確かめます。また、日本で使われている教科書と似た問題と照らし合わせます。

 

ここから、私たち大学生が今まで学んだ知識やノウハウを活かして、より分かりやすいドリル制作に移ります。

 

まずは、ドリルを手書きで書きます!

同じ内容でも書く人によって全然異なります(笑)

 

 

次に、Publisher(パブリッシャー)というWindousのソフトウェアを使って、手書きしたものをデータ化します。データ化といっても、手作業で行うので一人だとかなり大変な作業です・・・。

 

 

 

そして、パソコンと格闘する時間が終わると、ようやく翻訳作業です。

翻訳は東北大学のカンボジアからの留学生にお願いしています。

しかし、ここでもパソコンと向き合います・・・。

 

そして、メンバーでドリルのミスやズレがないかをチェックします。

国内での最終チェックです!

 

さて、いよいよカンボジアです!

現地通訳者を交えて、ここでも念入りにチェック&修正です。

 

チェックも終え、ようやくドリル印刷へ!

現地の印刷所では一冊約2ドルで印刷することだでき、また製本もしてくれます!

 

ようやく完成!

半年間の努力がようやくドリルへと還元されました!

 

こうして、先生にドリルを配布し子どもたちのもとへと運ばれます!

 

 

このように、ドリル制作には時間がかかりますが、

現地の子どもたちの笑顔をみると達成感で満たされます。

 

夏の渡航に向けて、たくさんの方々からのご協力をメンバー一同お待ちしております!!

 

 

FacebookやTwitter、IVYyouthのHPでも随時情報を掲載しています!

もしよろしければ下記のURLからご覧ください!

 

 

●IVYyouth homepage
http://ivyivy.org/act/youth/

●IVYyouth twitter
https://mobile.twitter.com/ivyyouth1  アカウント( @IVYyouth1)

●IVYyouth facebook
https://www.facebook.com/IVYyouth
 

 

ドリルができるまで②
一覧に戻る

リターン

3,000

●サンクスレター
●カンボジアのポストカード

支援者
26人
在庫数
制限なし

5,000

●サンクスレター
●算数ドリルに名前記載
(完成した算数ドリルをお送りします。)

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000

●サンクスレター
●算数ドリルに名前記載
(完成した算数ドリルをお送りします。)
●カンボジアの雑貨

支援者
17人
在庫数
制限なし

30,000

●サンクスレター
●算数ドリルに名前記載
(完成した算数ドリルをお送りします。)
●カンボジアの雑貨(2つ)

支援者
0人
在庫数
制限なし

50,000

●サンクスレター
●算数ドリルに名前記載
(完成した算数ドリルをお送りします。)
●カンボジアのストール

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000

●サンクスレター
●算数ドリルに名前記載
(完成した算数ドリルをお送りします。)
●カンボジアのストール
●カンボジアのお茶

支援者
0人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする