皆様本当に本当にありがとございます。
おかげさまで第一目標金額500万円を達成いたしました。


無謀な挑戦とも言える金額で、応援してくださっている皆様にはハラハラドキドキさせてしまったものと思います。これで本格的にリフォームを始められる目途がつきました。

 

しかし、リフォーム費用は700万円の見積もりがでています。
東日本大震災による建物の傷みや若干の傾きもあります。

保護っ子たちを安全に管理できるよう、また、猫サロンと病院をご利用いただく皆様にとっても安全な建物となるよう、耐震強化しながらリフォームを実施することになります。とにかく災害に強い建物にし、長年核となる施設にしていかなくてはなりません。

 

また、シェルターの129頭にかかる医療費や人件費は毎月約100万円が必要で、厳しい運営状態となっております。リフォーム費用のカバーとこれからの運営費用として800万円を最終目標とさせて頂きます。残り少ない日数となりますが、引き続きどうか応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

本日は22匹の猫の不妊去勢手術をします。

明日は40匹、明後日も40匹くらい行います。

現在は手術室が狭く、一度に手術できない状況にあります。

 

Ohanaの新しい手術が稼動すれば、一度に多くの手術が行えるため、さらに多くの猫たちの手術を行えるようになります。早くその日が来ることを心待ちにしています。

 

 


不幸な命を増やさないために頑張ります!

皆様ほんとうにありがとうございます。


LYSTA代表:鈴木理絵

新着情報一覧へ