12月15日(金)、いよいよ私たちのクラウドファンディング・プロジェクト「ミャンマー地雷被害者に初めての義足を。新しい一歩を共に!」がスタートしました。12月19日(月)am9:00時点で38万4千円のご支援をいただいております。ご支援くださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

 

公開日の15日に私たちはオタワ条約20周年企画を開催し、このプロジェクトの紹介と支援の呼びかけを行ないました。

 

オタワ条約成立20周年記念イベント

 

対人地雷の使用等を禁止する条約が成立して20年が経ちました。163の国々が参加する一方でまだ未加盟の国もあります。その大半がアジアに集中していて、私たちが支援をするミャンマーもその国の一つ。

 

一人でも多くの被害者の「第一歩」を支えていくと共に、未加盟国を条約に参加してもらうべく強くプッシュしていく必要があります。その信念を強く持ってこれからも突き進んでいく意志を、イベントに参加した皆様と確認し合いました。

 

翌日16日にはJCBL代表理事の清水が第16回オタワ条約の締約国会議が開かれるウィーンに出発!18日から世界の地雷の現状と課題、そして今後のアクションを確認し合う会議が始まります。こちらも随時レポートもお届けします。

 

市民の力を結集して創り上げたオタワ条約同様、このプロジェクトでも多くの方からの支援を通じて必ず成功させたいと思います!既にご支援いただいた皆様にもこの活動をぜひ他の方に拡げてください!

私たちは​この活動を通じて、近い将来ミャンマーが164国目の加盟国になるよう全力を尽くします!

 

締約国会議にて:12月14日に163ヶ国目に参加したスリランカ。
それを後押ししたスリランカの代表団ヴィディアさん(左)と代表理事清水
新着情報一覧へ