プロジェクト終了報告

2018年05月19日

【終了のご報告】たくさんのご支援、ありがとうございました

 

このたびReadyforを通じて、ミャンマーの地雷被害者への義足支援を行なって参りました。そして、124名の方から1,137,000円ものご支援を賜りましたこと、ここに御礼申し上げます。

 

この活動ではミャンマーのカヤー州で活動する2つの現地NGOと協働して実施しました。

 

KNHWO (Karenni National Health Worker Organization)と始まった地雷被害者への義足支援は10月に資材調達を行ない10月下旬に2週間に渡って支援対象者の選定にあたりました。11月より実際に義足製作を開始し、2018年3月31日までに47人に義足を提供することができました。

 

KSWDC (Karenni Social Welfare and Development Center)と行なった義足支援は、11月にタイ側から資材を調達しました。2017年年初から行なっていた地雷回避教育の活動の中で、義足支援の候補者約100名をリストアップし、その中からより支援が必要と判断された9名に対して12月に義足を製作し提供しました。

皆さまから多大な協力を得て、今回、2団体合わせて56名に義足を届けることができました。

 

いただいたご寄付の使途ですが今回の義足支援に必要な経費として大切に使わせていただきました。(詳しくは以下の活動経費報告をご覧ください。※いくつか誤植があり訂正しました(2018/5/18))

 

フォトレポートのリターンにつきましては、5月末までの送付を予定しております。もう少しお待ちいただきますようお願い申し上げます。

 

地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)では、今後も「地雷のない世界」に向けて尽力して参る所存です。活動につきましては幣団体のHPにアップデートしていきます。こちらにもご注目いただければ幸いです。

 

最後になりますが、今回のご支援への呼びかけに多方面よりご支援賜りましたこと、重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。