プロジェクト概要

ブラジルで開催されるiEARN国際会議・Youth Summit(若者会議)に、日本の子どもたちを送りたい!

 

こんにちわ。JEARNの福井良子といいます。兵庫県神戸市に住んでいます。世界150カ国の加盟国を持つiEARNの日本センターで現在理事長をしています。iEARNのコンセプトは「子どものころから友達になると、相手の国に対して憎しみや偏見をもたない争いのない未来が生まれるだろう」です。毎日多くのプロジェクトを中心にいろいろな国のこどもたちが学校を中心とした学びの場所で交流学習をしています。この度は、ブラジルでiEARN国際会議・Youth Summit(若者会議)に日本の子どもたちを送りたいと考えています。

 

子どもたちの渡航費が不足しています。ご協力いただけませんか。

 

(皆を迎えるため、準備している現地の様子)

 

 

今年はブラジルでiEARN国際会議があります。

 

iEARNは毎年世界のどこかでiEARN国際会議・Youth Summit(若者会議)を開催しています。2015年はブラジル・ブラジリアで開催されます。このiEARN国際会議に日本の高校生・大学生を送りたい。彼らに世界の多くの人たちと友達になり、世界に羽ばたく人になって欲しいとおもっています。

 

 

私達は、毎年神戸で「ひょうご子どもサミット」を開催しています。

 

 毎年神戸で海外と日本の子どもたちが出会い、交流する「ひょうご子どもサミット」を開催しています。その企画・運営は神戸市近隣のボランティア大学生たちがしていますが、彼らから「日本の子どもたちにとって、海外の子どもたちと実際に顔を合わせることが一番大事だと」声が上がりました。

 

 

日本と海外の子どもたち出会う場をとしてiEARN Youth Summit に送ってあげたいです。

 

 海外と日本の子どもたちが出会う場所は、iEARN Youth Summit へ彼ら

を送るのが一番だと思いました。このサミットは現地の高校生・大学生を中心とした若者たちが企画・運営して、海外からの子どもたちが交流を楽しめるようにせいいっぱいサポートしています。英語力があまりない日本の子どもたちも十分に楽しめるプログラムがいっぱいです。
 

(寄付をいただいた人たちのぬいぐるみは、

ブラジルの子どもたちと触れ合います。)

 

 

行きたくても行けない子どもたちを行かせて上げたいと思っています。

ご協力いただけませんか。

 

ブラジルのiEARN Youth Summitへ子どもたちを送るには、航空運賃が必要です。中には、金銭的にゆとりのない家庭の子供たちもいます。その子たちにとって、iEARN Youth Summitは、「行きたくても行けない」場所です。その行きたいという思いを叶えてあげたいです。全額でなくてもいいのです。一部分でも彼らの夢の実現の役にたちたいと思います。

 

 

異文化を学ぶことが、平和への第一歩になるでしょう。

 

海外の人たちと出会うことは、島国に住む子どもたちに世界の異文化を学ぶ機会を与え、文化や国の違いを乗り越えた友情を芽生えさせ、理解しあうくことで、争いや偏見のない世界を作るべきだと思ってくれるのではないかと期待しています。
 

(2010年に開催されたカナダでのiEARN国際会議、ユースサミットの様子)

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆引換券について◆◆◆◆◆◆◆◆

 

・サンクスメール

 

・ 報告会への招待状 子供たちの写真

 

・ブラジル土産(マテ茶、チョコ、コーヒー)

 

・ブラジル土産(雑貨セット)

 

・テディベアなどのぬいぐるみ 子どもたちがブラジルに連れてゆき、

 ぬいぐるみの目を通した彼らの体験を写真や日記にして一緒に贈呈