こんばんは。

 

日本環境教育フォーラムの田儀です。

 

外は一面の雪景色ですね。

 

こんな日には、GULAHEにお湯を注いで、ショウガ湯でぜひぬくもってくださいませ。

 

さて、Gulaheを受け取られた方からのメールを今日も紹介します。

 

Aさん: 「READY FOR?」の生姜湯、届きました!生姜湯自体はじめてでしたがほんのり甘くておいしかったです~

 

はちみつ入れて飲んで、この冬の冷え症対策にしたいと思います~!

 

暖かくなったり寒くなったりで、寒暖の差の激しい冬ですが、GULAHEで防寒対策にもしてくださいね。

Bさん: 昨夜、お送り頂いたグラヘとバティックが届きました。ありがとうございます。



私も妻も生姜湯は好きで、日頃デンプンでとろみをつけて飲んでいます。

 

甘さはともかく、生姜の味をかなり強く感じました。私達自身が年齢を重ねたせいもあって、最近の料理の味付けがかなり薄くなったせいもあるのでしょう。

 

そのあと、1包みを400ccのお湯に溶いて飲みましたら、ほぼ良い加減になりました。また今朝、妻が一考を案じて、アールグレイの紅茶1パックを500ccのお湯でいれ、そこにグラヘを1包み入れてみましたら、程良くなりました。


強さを感じたのは生姜の味の方で、ヤシ砂糖の甘さには、濃くても薄くても、くどさは感じません。

 

この味、かなり甘いものを好む西欧の人たちはどう感じるでしょうね?



妻が良く作るものに、白味噌にニンニク・生姜、オオバを刻んだものと白砂糖を混ぜ、油で炒めた「ニンニクミソ」があります。


ご飯に載せたりおでんなどの煮物や煮魚・焼き魚に乗せてもうまいのです。


妻は、その生姜と砂糖の代わりに、グラヘを使ってみようと言っています。


この「ニンニクミソ」に、ひき肉を炒めた物を混ぜた「ニクミソ」もうまいかも知れませんね。


ヤシ砂糖のみが入手できたら、料理の味付けに使ってみたいとも思いました。

 

Bさん、ありがとうござました。

 

生姜の味が強く感じられたとのこと。

 

「甘い!」とのお声も別の方から伺ったことがありますが、味に対するコメントは大変参考になります。

 

Bさんからは、その後、ニクミソを作ってみたとご連絡をいただきました。

 

レシピは次の通りです。

 

鶏のひき肉80gをオリーブオイル大さじ1で炒め、白味噌60gと
きざみニンニク大さじ1、グラヘ2本を入れて混ぜ、みりん大さじ2
で少しゆるくした

 

ご飯がススム君状態でおススメだそうです。

 

みなさまもぜひお試しください。

 

新着情報一覧へ