READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

日本全体が避難所生活の今、「災」を乗り越えた被災地の知恵を。

日本全体が避難所生活の今、「災」を乗り越えた被災地の知恵を。

支援総額

4,412,000

目標金額 3,500,000円

支援者
192人
募集終了日
2020年5月29日
192人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2020年05月09日 22:57

【寄稿】佐野さんから教わったこと


HITOTOWAの荒と言います。「ともに助け合える街をつくる」ことを使命と掲げ、地域や集合住宅の共助を推進する事業を行っています。

 

佐野さんとは2012年に初めてお会いしました。当時の印象は迫力のある人だなあという感じでしたが、その後、たくさんお会いし、「よき避難者ワークショップ」やツアー研修、「そなえるカルタ」のツール開発といった事業連携を行うなかで、印象が変わっていきました。

 

迫力以上に、繊細、きめ細かい、思慮深い、そういったお人柄を知ることになりました。佐野さんから教わったことは数知れないのですが、今回の佐野さんの新たなチャレンジに際して、私なりにまとめてみます。

 

① 寄り添い力

東日本大震災の発生6日目から現地で活動を行ってきた佐野さん。新設される『自分でやる防災 研究・普及所』でも「ケーススタディ」の重要性を強調されています。「事例研究」という行為はビジネス経験のある方ならば、誰しもが行ったことがあると思います。

 

しかしながら、佐野さんの言う「ケーススタディ」と、いわゆる一般的な「事例研究」とは大きな乖離があるということをお伝えします。

 

佐野さんが、現地の方々に寄り添っているからこそ聞くことができる、生々しい経験をベースに学習できる、学習というよりは追体験できるところに凄みがあります。

 

② 深く掘る人

私も佐野さんと同様に、防災減災が浸透してほしいと願って行動している一人ですが、私はどちらかというと、とりあえずやってみよう人間で、1歩進むことを重視します。

 

佐野さんはどちらかというと、歩みよりも、深掘りすることを重視する方です。つまり、深く考える。細かく考える。ミーティング中に、もうちょっと考えよう、って何回言われたか、今となっては懐かしい思い出です。

 

でも、1歩進めようとする私と、1つ深掘りしようとする佐野さん。やっぱりいい相性だったと思うんです。濃く事業連携をさせてもらった2012〜2016年に、本当に多くのことを学ばせてもらいました。

 

③ マニアックな博学者

佐野さんの素敵なところは、歴史に詳しく、独自の洞察をされているところです。これがとても面白い。佐野さんと親しくなれば、そんなお話を身近に聞くことができます。その片鱗は、佐野さんがご自身でfacebookに投稿する、誕生日コメントにてご覧いただけます。

 

今回のご支援のリターンにて、メルマガ配信がありますが、そのなかの数回でも、歴史洞察が入ってくるのではないか、そんなお話も聞けるのではないか、と勝手に思っています。所長が参上するワークショップを通じて、佐野さんのお人柄に触れられるのも大きな特典ですね。

 

『自分でやる防災 研究・普及所』は、そんな面白み、醍醐味、もあると思っていただけたらと思います。

 

災害は常に起こってしまう、だからこそ

世界、日本中がコロナ禍となっています。非常に恐ろしい状況です。しかし、自然災害が重なって起こらない、とは全く言い切れません。むしろ起こってしまうでしょう。

 

感染症と災害が重ねて起こってしまったら、その対策はますます”自分でやるしかない”。人と触れ合うことができないのですから、自分でやるしかありません。

これはなかなか大変なことです。しかし、自分でやっとかないと、もっと大変なことになるんです。

 

『自分でやる防災 研究・普及所』

 

佐野さんが名付けた、このネーミングに、そしてこのタイミングでのこのチャレンジに、そんな想いが詰め込まれている、そんな風にも思っています。日本、世界の未来のために、ご支援のほどよろしくお願いします。



★オンラインイベント開催します!!!
5月16日(土)15時から、

『自分でやる防災 研究・普及所』設立記念
佐野哲史さん×荒 昌史 オンライン対談

https://www.facebook.com/events/251520765964666/

どうぞお気軽にご参加ください!!!

一覧に戻る

リターン

15,000

【目玉!】有料防災メルマガ1年分ご購読 / 有料ウェブセミナー1回ご招待

【目玉!】有料防災メルマガ1年分ご購読 / 有料ウェブセミナー1回ご招待

■当研究・普及所の発行する有料防災メルマガの1年分をご購読いただけます。
*週1回(月4通)・年間50通配信予定です。

■当研究・普及所所長による「コロナ禍の今、地震・水害など複合災害が起きたらどうするか?その備えありますか?」有料ウェブセミナー(1回)にご招待いたします。 (追加:2020/4/30)

*本クラウドファンディング達成後の6月と7月に5回程度集中開催の予定です。
*質疑応答など双方向のやり取り含め2時間を予定しています。
*参加方法等は、本プロジェクトページ等で近日中に改めて告知いたします。

-----
■感謝のメール
■当研究・普及所初年度の活動をまとめた報告書(PDF)進呈




支援者
83人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

3,000

【お気持ちコース】

【お気持ちコース】

■ 感謝のメール

支援者
42人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月

10,000

活動報告書(PDF)進呈

活動報告書(PDF)進呈

■当研究・普及所初年度の活動をまとめた報告書(PDF)を進呈いたします。


-----
■ 感謝のメール

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

30,000

活動報告書にご芳名掲載(希望者のみ)

活動報告書にご芳名掲載(希望者のみ)

■ご芳名を当研究・普及所の活動報告書(PDF)に掲載させていただきます。

-----
■感謝のメール

■当研究・普及所初年度の活動をまとめた報告書(PDF)進呈

■当研究・普及所の発行する有料防災メルマガの1年分ご購読
*週1回(月4通)・年間50通配信予定です。

■当研究・普及所所長による「コロナ禍の今、地震・水害など複合災害が起きたらどうするか?その備えありますか?」有料ウェブセミナー(1回)にご招待いたします。 (追加:2020/4/30)

*本クラウドファンディング達成後の6月と7月に5回程度集中開催の予定です。
*質疑応答など双方向のやり取り含め2時間を予定しています。
*参加方法等は、本プロジェクトページ等で近日中に改めて告知いたします。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

50,000

ホームページにご芳名掲載(希望者のみ)

ホームページにご芳名掲載(希望者のみ)

■ご芳名を当研究・普及所のホームページに掲載させていただきます。


-----
■感謝のメール

■当研究・普及所初年度の活動をまとめた報告書(PDF)進呈

■当研究・普及所の発行する有料防災メルマガの1年分ご購読
*週1回(月4通)・年間50通配信予定です。

■ご芳名を、当研究・普及所の活動報告書(PDF)に掲載(希望者のみ)

■当研究・普及所所長による「コロナ禍の今、地震・水害など複合災害が起きたらどうするか?その備えありますか?」有料ウェブセミナー(1回)にご招待いたします。 (追加:2020/4/30)

*本クラウドファンディング達成後の6月と7月に5回程度集中開催の予定です。
*質疑応答など双方向のやり取り含め2時間を予定しています。
*参加方法等は、本プロジェクトページ等で近日中に改めて告知いたします。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

100,000

あなたの地元で講演会orワークショップ

あなたの地元で講演会orワークショップ

■ご支援いただいた方がお住まいの地域の、マンション管理組合や自治会、町内会、あるいは有志の会合などに赴き、当研究・普及所所長・佐野の「防災講演会」もしくは「ワークショップ」を実施いたします。ウェブセミナーの形式でも大丈夫です!

*会場費、旅費交通費がかかる場合は別途いただきます

*予定時間
講演会)1〜1.5時間を予定
ワークショップ)2〜2.5時間を予定

*参加人数
講演会)無制限
ワークショップ)30人まで

-----
■感謝のメール

■当研究・普及所初年度の活動をまとめた報告書(PDF)進呈

■当研究・普及所の発行する有料防災メルマガの1年分ご購読
*週1回(月4通)・年間50通配信予定です。

■ご芳名を、当研究・普及所の活動報告書(PDF)に掲載(希望者のみ)

■ご芳名を、当研究・普及所のホームページに掲載(希望者のみ)

■当研究・普及所所長による「コロナ禍の今、地震・水害など複合災害が起きたらどうするか?その備えありますか?」有料ウェブセミナー(1回)にご招待いたします。 (追加:2020/4/30)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

100,000

豪華なリターンは不要な方へ

豪華なリターンは不要な方へ

経費が大きくかからないリターンのため、ご支援の大部分をプロジェクトに使用させていただきます。

■感謝のメール

■当研究・普及所初年度の活動をまとめた報告書(PDF)進呈

■当研究・普及所の発行する有料防災メルマガの1年分ご購読
*週1回(月4通)・年間50通配信予定です。

■ご芳名を、当研究・普及所の活動報告書(PDF)に掲載(希望者のみ)

■ご芳名を、当研究・普及所のホームページに掲載(希望者のみ)

■当研究・普及所所長による「コロナ禍の今、地震・水害など複合災害が起きたらどうするか?その備えありますか?」有料ウェブセミナー(1回)にご招待いたします。 (追加:2020/4/30)

*本クラウドファンディング達成後の6月と7月に5回程度集中開催の予定です。
*質疑応答など双方向のやり取り含め2時間を予定しています。
*参加方法等は、本プロジェクトページ等で近日中に改めて告知いたします。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

200,000

あなたの会社で講演会orワークショップorスタディツアー

あなたの会社で講演会orワークショップorスタディツアー

■ご支援いただいた方がお勤めの、あるいは経営していらっしゃる会社や学校、保育園で、当研究・普及所所長・佐野の「防災講演会」もしくは「ワークショップ」を実施、もしくは社員様対象の「東北スタディツアー」を実施いたします。ツアー以外はウェブセミナーの形式でも大丈夫です!

*講演会、ワークショップについて
・会場費、旅費交通費がかかる場合は別途いただきます

*ツアーについて
・旅行業取り扱い業者の資格あり
・宿泊費、往復交通費は別途ご負担いただきます

*予定時間
講演会)1〜1.5時間を予定
ワークショップ)2〜2.5時間を予定
スタディツアー)1泊2日を予定(被災状況の視察と、被災された方々から直接ケーススタディを学ぶ)

*参加人数
講演会)無制限
ワークショップ)30人まで
スタディツアー)3人まで

-----
■感謝のメール
■報告書(PDF)進呈
■防災メルマガの1年分ご購読
■「コロナ禍の今、地震や水害など複合災害が起きたらどうするか?」有料ウェブセミナー(1回)にご招待
■ご芳名を、活動報告書(PDF)に掲載(希望者のみ)
■ご芳名を、ホームページに掲載(希望者のみ)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月

プロジェクトの相談をする