工事が始まり、プレハブ生活が始まったとたんに台風!

壁から水がしみてくるし・・・前の建物に避難しようかと思うほどでした。

工事現場のプレハブと同じくらいの、こんな建物と思っていた自分を反省。長年、雨風、台風、伊豆は地震も多いので度重なる地震からも守ってくれていたんだなぁと、今更ですが感謝しました。

この工事が完了したら、この反省も込めて、大切にします。

 さて、それでも工事は始まっています。

現場に来てくれる、職人さんたちも良い人で、利用者さんと笑顔で「おつかれ」なんて挨拶を交わす様子は嬉しくなります。

普段は、人の出入りが少ないのですが、色んな人と挨拶を交わし、工事車両に興味を持ち、自分達も大変な仕事ですが、暑い中・雨の中、かっこよく働く現場の人たちを見て自分達のモチベーションも上がるようです。

 

 工事中は、給食の提供はお休み。

それでも、世の中には便利なものがあって、スチーマーにお弁当を入れて2時間蒸すとアツアツのお弁当になるんです。今は、それを提供しています。

栄養も塩分もメニューも考えられていて、凄いな!と感心しますが、やはり「給食恋しいなぁ」「調理員さんたちお休みなんだよね?3ヶ月も休んだらやめちゃわない?困るよ」「最初の日のメニューは何」との声。

地元、網代のようちゃんからは「給食始まったら使いな!」と既にお魚の寄附がありました。冷凍庫で今か今かと出番をまっています。

 

みんなの仕事場、生活の場、楽しみの場、おいしい食事の場・・・

早く、でも、工事関係者の方、利用者さん、職員に怪我なく無事に完成することを願うばかりです。

皆様、引き続きご支援・応援・拡散を宜しくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ