照明のシュート中。100台以上ある灯体の1台ずつ、大きさや方向を確認して合わせていきます。「下ぶり」とか「しぼって」とか「ばらして」とか「きらって」とか、わけのわからない用語が飛び交いますよ ^^)

 

 

お客様に見ていただくまでに、こんなにたくさんのスタッフさんが時間をかけて準備していきます。演劇って手間がかかる・・・。

 

舞台は出来上がりましたが、まだ仕込みは続きます・・・。

照明さんはここからシーンごとの明りづくり!舞台さんは転換の打ち合わせ!音響さんは音出し!などなど、大変です。でも楽しくてわくわくするので、仕込みは楽しいのです。

 

次はお芝居編をアップしますよ!

 

 

 

新着情報一覧へ