本日は胃ろうの患者様宅へ訪問

胃ろうとは?

 

おなかに1センチ未満の小さな穴を開けて管を通し、胃に直接、栄養剤を注入する。点滴や鼻からのチューブによる栄養剤注入などに比べ、十分な栄養が取れ、感染症の危険や患者の苦痛が少ない、経口摂取と併用できる。

 

 

 

2年程前から嚥下機能が低下、低栄養状態が続き胃ろう増設。

 

意思疎通はしっかり出来る方。

いつも訪問するたびに、搾り出す様な声で

「ありがとう」

と言ってくれます。

 

 

 

枕元には常に吸引の道具を

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています