3月13日(日)の凧揚げに向けて!

3月13日(日)、岩手県釜石市とパレスチナ自治区・ガザで行われる凧揚げ交流会に向け、着々と準備が進んでいます。

 

釜石市で行う凧揚げには、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の清田明宏(せいた あきひろ)先生にご参加いただき、ガザについてのお話を伺います。

 

日本とガザの時差は7時間。

釜石では日本時間15時から凧を揚げ、その後、日本時間16時半(ガザ時間9時半)より、釜石とガザをスカイプでつないで交流を行います。

ガザと釜石の子どもたちが凧揚げでつながり、お互いを想いあいながら交流を行います。

最後は、スカイプを通じて見えるガザの空に揚がる凧を眺めながら、再会を約束します。

 

イベントまであと2週間を切りました!

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています