先週、前 地方創生担当大臣の石破 茂 様が、沼牛駅舎をご見学されましたので、ご報告いたします。
 

 
幌加内町で開催されたシンポジウム、「『きらり』と光る町づくり」にゲストとして石破様が招かれ、基調講演などが行われました。

 
沼牛駅舎には、石破様をはじめ幌加内町長、議長様などにご見学いただき、おかえり沼牛駅実行委員会メンバーが、沼牛駅や深名線の歴史、今回のクラウドファンディングについての解説をさせていただきました。
 
石破様からは、さまざまなご質問をいただいたほか、地方創生の観点からのお話し、また鉄道に大変造詣が深いことから、そのような視点からの興味深いお話しも伺うことができました。
 

〔石破様と幌加内町長様(左)と議長様(右)、当実行委員メンバーにて〕


現在取り組みを進めているプロジェクトは、歴史的建造物の保存活用がメインですが、広い観点から「地方創生」へと展開していく可能性もあることを認識することができたとともに、プロジェクトの重要性や責任も改めて感じることができました。

 

新着情報一覧へ