今年もいよいよ残りわずかとなってきました。

 

さて少し日が開いてしまいましたが、御披露目会のご報告、最終回です。

それぞれテーマに分けてご報告をしてきましたが、最後は写真を多めにご覧いただこうかと思います。詳しいご説明は、写真ごとにコメントをつけて掲載します。

 
当日はあいにくの天候で、お越しいただくにも一苦労の吹雪模様でしたが、延べ300名近い方にお越しいただきました。来場された方は、駅舎を懐かしそうに眺める方、限定のグッズをお買い求めになる方、特製駅弁を買ってダルマストーブで暖をとりながら食べる方、居間で深名線の映像鑑賞をする方、鉄道員の制服を着る方、待合室で談笑される方等々、それぞれの時間を過ごしながら皆さん『笑顔』だったことがとても印象的でした。

 

〔電灯がともる沼牛駅〕

 

〔向こうのほうから気動車が走ってきそうな冬の景色〕

 

〔待合室から人があふれるほど〕

 

〔取材を受ける坂本実行委員長〕

 

〔坂本さんの育てたそばで、手打ちそば〕

 

〔旭川市のぽっぽやさんによる深名線グッズ販売〕

 

〔JR北海道バスグッズ販売〕

 

〔蘇った窓口で限定記念切符(記念券)販売〕

  

〔一日だけ駅名標が復活〕

 

〔久々に駅が賑わう〕

  

 
沼牛駅は雪囲いを終え、冬眠期間…となります。春以降はまた雪囲いを撤去し、外観のみではありますが見学できるようになりますので、ぜひお立ち寄りいただけると幸いです。

  

 

クラウドファンディングでご支援いただきました皆様には、『新着情報』にて取り組みの状況などについてお知らせして参りましたが、今後は当実行委員会のフェイスブックページにて情報発信を継続していきたいと思います。

 

【おかえり沼牛駅フェイスブックページ】

※フェイスブックに登録されていない方でもご覧いただけます。

 

 

 

 

新着情報一覧へ