未来の地域(society)

観自庵のある高野・今寺集落は、奈良時代以前には存在していたと考えられていますので、実に1300年以上の歴史ある集落です。

泰澄により修行の場として開山された青葉山。その中腹には、西国三十三所第29番札所の松尾寺や中山寺があります。

その昔、高野山と肩を並べるほどの大寺院群があったとの言い伝えや精進畑跡も発見されています。

高野・今寺集落は、そんな歴史の中心にある集落です。

 

千年以上の歴史ある集落。

その千年集落を、未来へとつなぐことを考えています。

観自庵という古民家をひとつのきっかけとして、次の千年もあり続けたい場所です。

 

観自庵という小さな古民家プロジェクト。

食(soil)に携わること。

心(soul)を育むこと。

そして、地域(society)の未来を語ること。

それは、あらゆる人権や差別を超えた未来を創ることであり、それを子ども達へ伝えていくことではないかと私たちは考えています。

観自庵は小さなプロジェクトですが、きっと未来の大きな感動につながる、未来まで届くゆっくりだけれど、長く、強く記憶に残るプロジェクトだと考えています。

このクラウドファンディングでもそうした想いに共感していただいた多くの方々の支援をいただきました。本当にありがとうございます。

 

こうした活動の輪が、地域へ浸透し、全国へ、世界へつながっていく未来を思いつつ活動を続けていきます。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています