本日、沖縄県職員の方で、アテモヤについてとても研究熱心で得た情報は惜しみなく提供してくれるTさんのいる沖縄中央卸市場へいきました!

 

朝、6時に行われるセリ見学をさせて頂きました!(*^▽^*)

 

 

かんな農園は、アテモヤの収穫個数が今年は少ないため、

 

卸売市場には出荷はしていませんが、

今後確実にご縁があるところなので、とても貴重な体験をさせて頂きました。

 

県職員Tさんがとてもご親切に案内をしてくれてました。

また、卸業者3社との意見交換もさせて頂きました!

 

そこで知ったこと。。。

 

『アテモヤはとりあえず数がもっと欲しい!!』

という卸業者の声!

 

これはアテモヤの潜在的な需要が相当あるということです。

なのに、生産者と卸業者、はたまた関係者がまだまだ十分な情報連携がとれていないために、知らなかったこの事実!

 

熱い!アテモヤが今後熱い!!

 

 

さらにさらに!

Tさん直々に会議室を抑えていて、個別のアテモヤの講義!

 

今からいうことは、

 

ここだけの秘密?にしてくださいよ!

 

 

沖縄アテモヤですが、

 

 

 

「未来は明るい!!!!!!!!!」

 

 

アテモヤ栽培先進である台湾。

 

台湾の技術は沖縄でも応用、いや模倣できるんです!!

 

そして、Tさんは情報をかなりもっている!

 

というか、

Tさんのご尽力のおかげで台湾の資料が丁寧に翻訳されてあるのです!

 

 

あとは、沖縄としてどうしていくか?

 

 

 

実行する者がでてくるのみ!!

 

 

僕はそれになります!

 

 

ただ、ただ数を増やせばいいというわけではありません。

 

しっかりした品質や収量など具体的な数値をデータ化して、

Tさんたちと連携しながら進めて行くことも重要だということを感じました!!

 

 

このクラウドファンディングでの皆様からの多大な支援!

そして、アテモヤの明るい未来!

 

ワクワクしかありません!!(*^▽^*)

 

新着情報一覧へ