こんにちは。春日野音楽祭実行委員会です。

 

第1回春日野音楽祭は、春日大社第60次式年造替を奉祝するために開催されます。会議や説明会などは春日大社をお借りして進めています。

 

たくさんの建物や燈籠が並んで迷子になりそうなの広い境内ですが、来る度に、心に穏やかな風が吹くような、ありがたい気持ちになります。


春日野音楽祭開催にあたり、春日大社 花山院宮司よりメッセージを頂きましたのでご紹介します。

---------------------------------------------------------------
 こんにちは。春日大社 宮司の花山院 弘匡です。


 1200年以上前から続く春日大社の式年造替は、人々が春日大神様に感謝申しあげ、お喜び頂くため、人から人へ連綿と受け継いできた祈りと技術の継承です。

 

 神山 御蓋山に向かって音楽を奉納し、式年造替をともに祝うこの春日野音楽祭に、数多くの方にご参加頂くことを大変ありがたく思っています。

 

 昨年、プレイベントとしてスタートした春日野音楽祭は、今年が本番です。来年以降も20年後の次の造替へ向かって、音楽の力で皆様の心を繋いでいただく機会になれば幸いです。皆様のご協力をお願い申しあげます。

---------------------------------------------------------------

 

春日大社は、768年(神護景雲2年)に創建され、以後1250年もの間、奈良で国家鎮護(世界の平和)を願ってきました。

 

880年前に始まった「春日若宮おん祭」は、丸一日神様に芸能を奉納するというまさに芸能文化の祭典です。

 

春日若宮おん祭 暁際の様子

 

春日野音楽祭は、今年第1回としてスタートする新しいお祭ですが、長く地域で根付いていくことで、奈良の新しい「文化」になりうることを信じ、20年後の式年造替に向けて仲間作りに取り組んでいきます。

 

 

演奏者として・観客として・ご支援者として、奈良を通じて日本文化に触れるこの音楽祭に、皆さんのご参加を改めてお願いいたします。