リターンの『奥久慈茶セット』のご紹介

 私の一日は濃い奥久慈茶で始まります。 

縁側でお茶時間

父ゲルト・クナッパーは、毎日の10時と15時のお茶時間をとても大切にしていました。必ず奥久慈茶とお菓子をつまみながら、色々な話をしてくれました。外国から来ていたお弟子さんなども、皆さんいつの間にか上手に日本茶をいれられる様になり、すっかり日本茶のファンになるのでした。

いつも当方で欠かさず愛飲している奥久慈茶、400年以上の歴史があります。

是非、味わって頂きたい茨城県久慈郡大子町の名産品の代表の一つです。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています