READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

東北・敬老の日に「聴くを贈る」失った想い出をカタチにしたい

東北・敬老の日に「聴くを贈る」失った想い出をカタチにしたい

支援総額

132,000

目標金額 1,100,000円

支援者
10人
募集終了日
2014年7月18日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年07月05日 18:33

自分(の家族)だけは

 

「自分(の家族)だけは」という想い、やはり私にもありました。

 

今年88になる故郷宮城で暮らす祖母が認知症を患い、病気を起因とするそれは進行がはやくあっという間に意思疎通が出来なくなりました。
8年前の夏に私が取材した「昔話」がプロジェクトの原点であり、仕上がった本をみて「米寿(88歳)の時にはもっと話が出来るよう写真とかまとめておくね」と嬉しそうにしていた祖母の姿を今でも忘れません。

食欲旺盛な祖母は、会話が出来なくともきっときっと元気に長生きしてくれるだろうと思われることがせめてもの救いです。
掲げたテーマ「家族と話せる時間は、あとどれくらい」をしみじみと実感しています。

 

さて、私事で失礼しましたが、クラウドファンディング残り13日となりました。ご支援いただいた皆様感謝です。

クラウドファンディングで実施したいのは「昔話」の機会、未来に繋ぐコミュニケーション。

ラストスパートというにはかなりの全力疾走になってきましたが、まだまだ頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

1)サンクスメール
2)活動レポート(PDF)

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3000円の引換券に加え

3)オリジナル取材ノート
4)仙台の隠れた銘菓「みち乃くせんべい」
5)WEB特設・活動紹介頁にお名前記載

支援者
4人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10000円の引換券に加え

6A)銀塩写真保存用バインダーボックスセット

支援者
1人
在庫数
29

50,000

alt

10000円の引換券に加え

6B)贈る自分史1冊作成券

支援者
1人
在庫数
9

70,000

alt

10000円の引換券に加え

6A)銀塩写真保存用バインダーボックスセット
6B)贈る自分史1冊作成券

支援者
0人
在庫数
10

120,000

alt

10000円の引換券に加え

6A)銀塩写真保存用バインダーボックスセット
6C)贈る自分史1冊作成券
  +取材インタビュアーご自宅へ派遣
※1都6県(離島除く東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)のみ対応※他県については別途交通費要相談のもと対応させていただきます

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする