READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

雑種の雌犬の不妊手術で1匹でも多くの殺処分される命を救いたい

角新一

角新一

 雑種の雌犬の不妊手術で1匹でも多くの殺処分される命を救いたい

支援総額

468,000

目標金額 300,000円

支援者
105人
募集終了日
2016年9月30日
プロジェクトは成立しました!
23人がお気に入りしています

終了報告を読む


23人がお気に入りしています
2017年03月30日 22:58

おかげさまで、茨城県が変わります

たくさんの支援者の皆さんが支えてくださったおかげで、けいせつ基金は2年間で80匹以上の雑種の雌犬に、不妊手術費用の助成をすることができました。(29年3月30日現在、お申し込み番号の最大は89番)

 

本当にありがとうございました。

今回のプロジェクトの成果は、僕の期待通り・・・いや、期待以上のものでした。

 

茨城県は平成28年12月28日、「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」を公布、同日より施行。これは全国初の非常に画期的なもので、茨城県知事も、殺処分ゼロを県として目指すことを公式に発しました。

 

初年度は6,400万円の予算が認められ、さらに「ふるさと納税」の導入も決定。

茨城は本気で変わろうとしています。

 

【収支報告】


皆さまからご支援頂いた資金468,000円は、全額茨城県鹿行地域の雑種の雌犬の不妊手術費用助成金として使用させて頂きました。


【リターンの発送状況について】

お約束しましたリターンのお礼状については、おひとりだけご本名が不明な方がおりますが、そのおひとり以外の支援者様に発送済みです。

ただし、30口ご支援くださった方がおられるのですが、そちらの支援者様にはあと12匹分のお礼状が残っています。今後、お礼として最善の方法を考えたいと思います。

 

【最後に】

 

応援してくださった皆様

ご支援くださった皆様

茨城は変わります。

平成29年度以降の茨城県に、是非ご注目ください。

本当にありがとうございました。

リターン

3,000


わんちゃんの写真のお礼のポストカード

わんちゃんの写真のお礼のポストカード

ご支援いただいたお金で手術を受けた、わんちゃんの写真のお礼のポストカードを支援者様のお名前を入れてプレゼントさせていただきます。

支援者
105人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月
プロジェクトの相談をする