プロジェクト概要

 

安心して食べていただける農薬を使わない野菜を栽培し、

アレルギーの方達や離乳食、保育段階の食事に自然の味を知って頂くため、
新しく農地を拡大し、多種多様なお野菜をそだてます!

 

はじめまして!古里岳則と申します。熊本県球磨郡(くまぐん)で農薬を使わない野菜を10年以上作り続けています。年間およそ50種類の野菜を作り、季節の野菜や新しい野菜をにチャレンジしています。様々な種類の野菜を作るか、少しの品種にして多くつくるか、悩みながらやってきましたが、お客様からのご要望もあり、1つの野菜でもさまざまな品種を扱っています。

 

少量多品種のお野菜を育てるために、農地の拡大および農機具の購入のために、全体で50万円ほどが必要です。今回はその一部として、クラウドファンディングで半分の25万円を目標にご支援をいただきたいと思っております。どうか、応援をよろしくお願いいたします!

 

 

安心して食べていただける農薬を使わない野菜を栽培し、

アレルギーの方達や離乳食、保育段階の食事に自然の味を知って頂きたい。

 

わたしの畑では、農薬を使わない野菜作りを行っています。甘すぎる野菜や、農薬やホルモン剤を使うものではない、野菜本来の味を出した自然な味わいの旬なお野菜づくりをモットーに生産をしています。農薬やホルモン剤をつかわないと言うことは、草を畑に返し、虫を取り除き、こまめに芽つみなどを行います。一つひとつの工程は地道で、気候との兼ね合いも大変です。

 

大変だけど、その分お野菜の味もよく、栄養価も高いものが出来上がります。また、同じ野菜にも沢山の品種があり、味わいも食感も違います。求めているのは自然の味わいと昔ながらの味わい、そして安心安全な食材です。

 

 

 

安心して食べていただける農薬を使わない野菜を栽培し、

アレルギーの方達や離乳食、保育段階の食事に自然の味を知って頂きたい。

 

農薬を使わない野菜づくりを始めたきっかけは、購入してくださるお客さまは東京や神奈川などの都市部の方が多く、アレルギーや離乳食、素朴な野菜の味わいを楽しみたいといった、品質を重視したコメントをいただいておりました。

 

お客さまから、「赤ちゃんや小さい子どもたちが白いお米だけで野菜を食べない時に、私の作ったミニトマトからいっぱい食べだして、他の野菜も食べるようになりました」と、とても嬉しいコメントをいただいた時以降、農薬を使わない野菜を広げたいと思う気持ちが強まっていきました。アレルギーの人や離乳食、素朴な味を楽しみたい方達に、また、都会で野菜の形や葉っぱ付き野菜を知らない子どもたちに本当の野菜を知ってほしいと思っています。

 

 

 

ご支援をいただいた方々へのリターンについて

 

今の野菜は甘くて美味しいですが、私の野菜は自然の味と気候により変わる美味しさです。甘さ、すっぱさ、苦さ、新鮮さ、それに伴う食材の在り方を目指しています。またアレルギーの方や、お年寄りが懐かしがる味と美味さもご提供していきたいと思っております。そのために今回、畑を借り受けて広く量を増やし、お客様の要望に応えるために安心して食べられる野菜作りをする土台作りを始めたいと考えています。

 

そのためには、現在の農地よりも広い場所が必要であり、水耕も含めて新しく耕すためには、その機具も必要です。美味しくて安心・安全なお野菜を、もっとたくさんの種類、もっと多くの方々に楽しんでいただくために、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします!

 

 

 

ご支援をいただいた方々へのリターンについて

 

農薬を使わない野菜、季節の野菜を詰め合わせて送って、気に入ってもらえた品種、新しい品種を広げモニターになっていただけたら良いかとも思っています。モニターに関しては色々模索して行きたいと思います。リターンに関しては、農薬を使わない野菜を季節に合わせて詰め合わせ、金額に合わせてお送りしたいと思います。