READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

病院にピットイン!(腹膜透析闘病記)

岸田 徹

岸田 徹

病院にピットイン!(腹膜透析闘病記)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月20日(木)午後11:00までです。

支援総額

831,000

目標金額 1,200,000円

69%
支援者
72人
残り
59時間 46分

応援コメント
Daisuke Morita
Daisuke Morita4時間前応援しています!頑張ってください!応援しています!頑張ってください!
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
5お気に入り登録
5人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月20日(木)午後11:00までです。

5お気に入り登録
5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

店舗デザイナーです。若い時から全国を飛び回ってきました。全国のうまいものを食べうまい酒を飲んできました。それが祟ったと言われれば返す言葉もありませんがそれだけに透析宣告を受けたショックは大きかった。昔、家具メーカーにいて自社商品を売るために全国のディーラーを回っておりました。メーカーとして店頭展開をすることに限界を感じ独立して家具店側に立って店づくりのお手伝いをしたいと思い独立いたしました。それから30年あっという間に月日が流れました。業界に入って50年、時代は大きく変わってきましたが全国の色々な方と仕事をしてきました。もう10年は仕事をしていたいと考えております。透析治療をするようになって1年半が経とうとしておりますが腹膜透析をしながらも元気で仕事ができることに自信を持ち始めております。透析が近づいている患者さん方に「大丈夫!私は元気です」とメッセージしたいと思い「腹膜透析闘病記」を書いてみました。血液透析に比べ極少数派の腹膜透析患者ですが元気に仕事を続けたいと考えております。今後は、透析をしながら元気に仕事をしている方達とのコミュニティを作っていけたらと考えております。

 

▼プロジェクトの内容

病気は身体を蝕んでゆきますが心が折れたり、病気になっては生命の火が消えてしまいます。晩年になってどこか故障が出てくることは致し方ない事。元気な心を持っていると、昔(健常時)と変わらない生活ができるのではないかと思い実践してみようと挑戦を始めました。その最初のメッセージとしてカテーテル手術の入院からどんなことがあるのか、今後、同じ病で体験される方に元気になってもらいたいと思い執筆したいと思いました。

次の企画として腹膜透析患者が出張する場合にこんなものが旅先に用意されていたら便利だし、患者としては助かるなと思う案をこの本の最後に掲載させていただきました。それもクラウドファンディングで実現できればやっていけたらいいなと次の目標として掲げております。このプロジェクトで腎臓患者の明日が明るいものになっていただけるように頑張ろうかと考えております。

尚、この本は腹膜透析治療を受けている患者が遭遇したハプニングや事件をどのように対応したかという患者側の行動とメンタル部分にフォーカスしており医学的な透析治療の参考になる本ではない事を断っておきます。しかし、透析機器の写真や説明に関しては医療機器メーカーの許可を取っております。又、私の行きつけの内科医が透析治療で有名な病院で腎臓内科医として長く勤めておられたのでこの先生に原稿を読んでいただき問題点があれば指摘をお願いいたしました。先生には監修としてこのプロジェクトに参加していただきます。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

透析患者は、大きく国の支援を受けて治療にあたっています。時代は、100歳時代。団塊の世代が70を超え、ますます透析患者が増えると思われます。透析に成ったらもう何もできないと人生を投げ捨てる人がいたとしたらそれは日本国に対して大きな負担になります。透析しててもほとんど健常者と変わらず仕事ができるということでないと支援打ち切りという決定がされることもあると思います。せめて10年は働こうという旗振り役がいないと少子化のこの国で子孫の方達への負担が多すぎます。自分の事は自分でやろう!これまでの経験を使ってやれる仕事は探してでもやろう!寝たきりになることなく死ぬまで元気に自分の足で立って生活しよう!そのようなことが発信できたらいいなと思っております。少し国に提案してこんな設備を用意してくれたら透析患者の行動範囲がもっと広がるのだけれど… という提案もしていきたいし、この本の支援者がバックアップしてくれるならその提案を次のクラウドファンディングで実現させてゆきたいと考えている。

 

 


【プロジェクト終了要項】

●製作物    
四六サイズソフトカバー

●出版完了予定日    
2021 年 7月 15日

●著者    
岸田 徹

●発行部数    
500部

 

 

プロフィール

岸田 徹

岸田 徹

大手家具メーカーに入る18年間、商品開発から店頭プロモーション企画の仕事を経て 独立して20年家具小売店専門の店舗企画事務所を経営する。 現在は中小企業庁の専門家に登録しており専門家派遣事業の仕事が主に全国を 回っています。

リターン

3,000

腹膜透析の生の声を伝えたい

腹膜透析の生の声を伝えたい

最初の目標は500部です。透析医療のクリニックや透析患者に少しでも配りたいので金額は3000円成果物はこの本だけですので1冊だけ配布させていただきたいと考えております。
コロナの影響で5月に発送予定しておりますが送れることも予想されます遅くなっても間違いなくお送りいたしますのでよろしくお願いいたします。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

5,000

感謝のメール

感謝のメール

感謝のメールをお届けいたします。
1冊ですがお送りいたします。お読みいただき感想をお願いします。
コロナで配送期日が遅れることが予想されます。遅れても必ずお送りしますのでよろしくお願いいたします。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

感謝いたします

感謝いたします

感謝のメールをお送りいたします。
総部数が少ないものですから病院関係に1冊でもお送りしたいのでお礼として2冊お送りいたします。
コロナの影響で送付予定を5月にしておりますが遅れることも予想されます。遅れても必ずお届けしますのでよろしくお願いいたします。

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

30,000

ご協力感謝いたします

ご協力感謝いたします

感謝のメールを送ります。
本書籍2冊送らせていただきます。
コロナの折配送予定を5月に決めておりますが遅れることも予想されます。遅れましても必ずお送りいたしますのでよろしくお願いいたします。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

50,000

病院にピットイン!(腹膜透析闘病記)

病院にピットイン!(腹膜透析闘病記)

感謝のメールをお送りいたします。
本誌2部送らせていただきます。
コロナの蔓延のなか遅れることも予想されます。遅れましても必ずお届けいたしますのでよろしくお願いいたします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

プロフィール

大手家具メーカーに入る18年間、商品開発から店頭プロモーション企画の仕事を経て 独立して20年家具小売店専門の店舗企画事務所を経営する。 現在は中小企業庁の専門家に登録しており専門家派遣事業の仕事が主に全国を 回っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

竹ストローでSDGsを広め熊本県に寄付したい!

目白大学 柳田ゼミナール(柳田志学)目白大学 柳田ゼミナール(柳田志学)

#国際協力

73%
現在
146,000円
支援者
24人
残り
20日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする