応援、ありがとうございます!

残り3時間となりました。最後に2回、更新させていただきたいと思います。

 

 

今年の秋に収穫した、安納芋(左から2本)と鳴門金時(右)です。

 

サツマイモを食べる生き物は、畑の土の中にたくさんいるようです。

線虫やコガネムシの幼虫などによるようですが、このような状態になってしまわないようにと、多くの場合、農薬が散布されます。

 

 

すずめ野菜畑でつくったサツマイモは、みごとに痛々しい姿になっていました。

おもしろいのは、より甘くて皮の薄い安納芋が、大人気だったことです。

多くの虫が安納芋に引き寄せられたのでしょうか、鳴門金時はほとんどの芋が無傷で驚きました。

 

 

なかなか余裕がないですが、これから長く、畑で色々な作物をつくっていくためにも、畑の生物について理解を深め、対策をたてなければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ