READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
達成

【お願い】心臓病で余命半年のもなかを救いたい!

村上奈津季

村上奈津季

【お願い】心臓病で余命半年のもなかを救いたい!
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月31日(日)午後11:00までです。

支援総額

1,475,000

目標金額 1,000,000円

147%
支援者
179人
残り
12日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
6人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月31日(日)午後11:00までです。

6人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼ はじめに・ご挨拶

 

はじめまして、大阪府在住の村上と申します。このプロジェクトに目を止めて下さり、本当にありがとうございます。「どうしても、もなかを救いたい…!」その一心で時間を掛けて悩みながら書かせて頂いた文章です。長くなってしまいましたが、どうか最後まで読んで頂けると幸いです。

 

*もなかについて

 

・名前:もなか

・誕生日:2011年5月30日

・年齢:10歳

・サイズ:大きめ

・好きな食べ物:かぼちゃ。さつまいも。

・嫌いな食べ物:なし

・趣味:さんぽ。双子の妹こまちと寝ること。お腹をなでられること。人の腕まくらでねること。

・特技:ともだちを作ること。小さい声の「わん」と大きい声の「わん」を使い分けられること。

 

 

知人宅で生まれ、この子が生後2か月になる前に引き取ってからこれまで大切に大切に育ててきました。私たち家族にとってはじめての愛犬、もなかが来てから我が家は随分賑やかになりました。楽しい時も辛い時も、一番近くで寄り添ってくれたもなかは私たちにとって大切な大切な家族です。

 

 

もなかは戸外で走ることが大好きで、「行こか!」という言葉を聞くと、いつも大喜びで尻尾を振りながら走り寄ってきます。穏やかで優しい性格なので、道行く人やワンちゃんからも大の人気者です。お散歩中もよく「可愛いね〜」と声を掛けてもらったり、どのワンちゃんともすぐに仲良くなれる自慢の子です。一緒に引き取ったもなかの双子の妹、こまちとはいつもべったり。毎日穏やかに仲良く暮らしています。

 

▼ プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

もなかの心臓病が発覚してから今日まで、改善の見られない投薬治療を続け、最低限の命を維持するもいつどうなるかわからない…そんな恐怖の中、日に日に衰弱していくこの子を見守ることしか私たちにはできませんでした。残された手段は大手術、その大きな壁を乗り越えれば15歳という長寿の道も見えてきます。ただ、決して平坦な道ではなさそうです。確率90%の大手術ながら、一度心臓を止めて行うものなので術中術後のリスクは大いにあり、何よりも莫大な費用(相場は100〜200万円)が必要です。そこで今回はみなさんにお力をお借りし、どうか苦しむもなかを助けてあげられないかと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

■闘病生活のはじまり

これまで大きな病気もせず、いつも元気に走り回っていたもなかですが…1年ほど前から軽い咳が増えてきました。これまでずっと定期検診でお世話になっていたかかりつけ医に相談したところ、「咳は年齢によるもので、老化で気管が緩むことで咳が出ている」とのことで詳しい検査はせず、しばらく様子を見ることになりました。しかし何度相談しても同じ返答が返ってくる一方で、どんどん咳はひどくなっていきました。やはり何かおかしいと改めて相談したところ、やっと詳しい検査をすることになりました。そこで告げられたのが僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)という心臓病でした。

 

僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の中の弁(僧帽弁)が変形してしまい、うまく閉じず、心臓内で血液が逆流してしまう病気です。逆流すると心臓から体中に血液を送り出せなくなり、心臓の中に血液が溜まり大きく肥大してしまいます。進行すると肺水腫などの命に関わる重度な合併症(心不全)から呼吸困難を招き、ずっと苦しい状態が続きます。そして体力が尽きた頃「陸での溺死」と言われるほど苦しい最期が待っています。

 

■病気が発覚してからこれまで

・6月5日:僧帽弁閉鎖不全症という病気が発覚し、ステージB(割と早期)と診断され投薬を開始しました。薬を飲んだその夜から下痢をするようになりました。

 

・6月6〜11日:日に日に食欲はなくなっていき、下痢や嘔吐により急激に体調が悪化していきました。

 

・6月12日:夜中3時頃から咳込みがひどく、横になって眠ることができなくなりました。首を上げないと呼吸ができない状態で、目がうつろになっていました。朝一にかかりつけ医に電話で相談したところ、「通院の必要はないので、出している薬を飲ませるように」とのことでした。すぐに薬を飲ませて様子を見ましたが数時間たっても状態は変わらず、慌てて循環器内科の専門病院に駆け込みました。レントゲン・エコー検査をしたところ、病気はステージBではなくすでにステージCまで進んでおり、心臓はかなり肥大し、肺水腫(心臓から溢れた水が肺に蓄積し、息ができない状況)になっているとのことでした。その日は急遽入院することになり、ICUで集中的に治療し何とか一命を取り留めました。「今日来てもらわなかったら、危なかったです」と言われ、助かってホッとすると同時に、今日ここにこなかったら…と想像するだけで本当に怖かったです。

 

・6月13日〜:肺水腫になってからは呼吸の状態が安定しない日々が今も続いており、現在1〜2週間毎に通院しています。呼吸が荒くなる度先生に相談し、薬の種類や量を調整していますが…現在は毎日5種類×2回もの薬を服用しています。(現在は6種類/1日4回に増えました)

 

毎回のレントゲンやエコー、血液検査や薬代と金額は大きくなる一方で、病気が発覚してから1ヶ月間での病院代は10万円でした。

 

 

<もなかが服用しているお薬>

  1. 利尿剤ー肺に溜まった水を抜くためのお薬(2種類)
  2. アピナックー心臓の負担を軽減させるお薬
  3. ピモベハート(ベトメディン)ー強心作用と血管拡張作用があるお薬
  4. アムロピジンー血圧を下げるお薬
  5. マイトマックスー整腸剤

 

■現在のもなかについて

退院してからは投薬治療で命を維持しています。毎日、薬を嫌がるもなかに「ごめんなぁ…」と謝りながら無理やり口に入れる日々です。薬の量を見る度にため息が出ますが、これがないと生きていけないのが現状です。

 

また、これまでは元気いっぱいだったもなかですが最近は日中もほとんど横になって過ごしています。横になるも、一日中咳込みが続くためゆっくり寝ることはできずに辛そうにしています。特に夜中は体勢を変える度に咳込み、苦しくて立ち上がり、なかなか熟睡出来ない状況です。飼い主の私も、いつ発作が起こるのかわからない不安との戦いで、夜通しもなかの呼吸を確認し…咳をする度に上体を起こして背中をさすり…精神的にも疲弊しています。また、利尿剤服用の副作用で一日に何度も何度もトイレに行させる必要がありますが、病気で身体が疲れやすくなり散歩を嫌がる日も増えました。以前は外に出ることが本当に大好きで、散歩を楽しみに生きていたような子が…元気だったときのことを思い出すだけで目に涙が溜まります。

 

そして、一番辛いのは、病気により体重が激減しみるみる痩せてしまっていることです。去年はこんなにもムチムチして可愛い姿でしたが、現在はお腹周りが細っそりとして腰骨も浮き出てきています。かろうじて食事は摂ってますが、なかなか体重が増えずどんどん痩せてしまっている状況です。

 

 

以上がプロジェクトを立ち上げたきっかけと、もなかの病状の経過です。長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。どうか皆さまのお力をお貸しいただけないでしょうか。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

犬の僧帽弁閉鎖不全症は治る病気です。ただ、現在のように毎日服薬を続けていても治療にはならず、一般的には一度肺水腫を経験すると何度も心不全を繰り返し、平均余命は6〜9ヶ月程度と言われています。心臓肥大と肺水腫を防ぐ為には、利尿剤の服薬が必須ですが利尿剤は腎臓に悪影響を及ぼすため長期的な服用は難しく治すためには手術しかありません。しかし、日本にはこの手術ができる獣医が非常に少なく、手が届かない方も多いと思います。今、「投薬か手術か」という選択肢を与えていただけている事自体本当にありがたく思っています。かなり大掛かりの手術になるので、リスクも十分にありますが…もう一度もなかの元気な姿を見られるなら…チャンスが欲しいです。

 

▼最後に

 

病気発覚から約3ヶ月、手術が必要な状況になってからはまだ1ヶ月足らずですが、もなかの体調が急激に悪化しており早急に手術が必要な状況です。飼い主としての責任を果たせずお恥ずかしい限りですが、これまでの受診・服薬の費用やこれからかかる検査費用などもあり、現状でいっぱいいっぱいの状況です。どうかみなさま暖かいご支援をお願い致します。

 

----------------------------------------------------

 

※このプロジェクトは All or Nothing 方式になるため1円でも目標金額に到達しない場合は全額支援者様に返金される方式です。

 

※万が一治療中や手術中に亡くなってしまった場合は、みなさまから頂いた資金をこれまでの入院費&治療費充てさせて頂きます。

 

 

【プロジェクト終了要項】

●治療・手術対象    
もなか(犬/トイプードル/オス/10歳)

●治療・手術内容    
心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)を治す手術を実施予定

●治療・手術完了予定日    
2021年11月12日

 

プロフィール

よろしくお願いいたします。

リターン

1,000


もなか応援コース1(リターン不要の方へ)

もなか応援コース1(リターン不要の方へ)

・お礼のメッセージ
・インスタグラムでもなかの経過報告をさせていただきます。

支援者
56人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

3,000


もなか応援コース2(リターン不要の方へ)

もなか応援コース2(リターン不要の方へ)

・お礼のメッセージ
・インスタグラムでもなかの経過報告をさせていただきます。

支援者
38人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

5,000


もなか応援コース3(リターン不要の方へ)

もなか応援コース3(リターン不要の方へ)

・お礼のメッセージ
・インスタグラムでもなかの経過報告をさせていただきます。

支援者
45人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

10,000


もなか全力応援コース1

もなか全力応援コース1

・直接メールにて感謝の気持ちをお伝えし、もなかの写真もお送りさせていただきます。

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

30,000


もなか全力応援コース2

もなか全力応援コース2

・直接お電話で感謝の気持ちをお伝えし、その後メールにて術後の経過報告をさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

50,000


もなか全力応援コース3

もなか全力応援コース3

・直接お電話で感謝の気持ちをお伝えし、その後メールにて術後の経過報告をさせていただきます。

また、ご希望の方には、元気になったもなかに会っていただきたいです。

※場所は大阪or京都でお願いいたします。
※有効期限は1年内になります。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

100,000


もなか全力応援コース4

もなか全力応援コース4

・直筆のお手紙で感謝の気持ちをお伝えし、その後メールにて術後の経過報告をさせていただきます。

また、ご希望の方には、元気になったもなかに会っていただきたいです。

※場所は大阪or京都でお願いいたします。
※有効期間は1年内になります。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年11月

プロフィール

よろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

SDGsをカリキュラムの基軸にした「SDGs子ども大学」を全国に!

SDGs子ども大学運動実行委員会SDGs子ども大学運動実行委員会

#子ども・教育

22%
現在
455,000円
支援者
27人
残り
34日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする