プロジェクト終了報告

2018年08月24日

リフレッシュキャンプ、無事に終わりました!

ご支援下さった皆さま

 

予定通り、8/17(金)-19(日)福岡市今宿野外活動センターにてリフレッシュキャンプを開催致しました。

 

定員20名に対し21名の申込みを頂いておりましたが、体調不良や受験準備で直前に2名キャンセルとなり、19名の子ども達と10名の里親さんが参加されました。

台風や高温警報にハラハラしておりましたが、3日とも気温が32-33℃くらい、天候も晴天で一安心。ケガもすり傷がちらほら出る程度で、大事なく終了致しました。

 

私達こぷろの合言葉は、『ゆるやか、おだやか、そのまんま。enjoyこぷろ!』

3日間、この合言葉が形になったと感じる、本当に遊びのエネルギーに満ちたキャンプになりました♪

ある5歳の子は、寝る準備をしながら「やりたい遊びがいっぱいあってね、お昼寝ガマンしたの。楽しくて。まだいっぱいあるけど、眠たい…」と、うつらうつらしながら話してくれました。

 

 

 

指とまボードにはその日にできる遊びと時間が書かれ、説明を受けた後、自分のやりたい遊びを選びます。

もちろん載ってないこともOK!3日間ほぼ虫取り三昧の子もいました(笑)

 

川遊び、竹水鉄砲作り、カブト虫捕獲、アーティストグループ”ヘンリー&マシュー”さん達とのブラックボックス作り&当てっこ大会(子どもが自分でルールをつくって大会を開き、サポーターも混ぜてもらいました♪)、カメラに夢中になる子(子ども用に貸し出し)、ホットサンド作りにスイカ割り、カレー作り…名もなき遊びもいろいろ!

 

夜は子どもたちの熱い要望にお応えして、1日目は肝試し。

あちこちで悲鳴が上がり、お化け役を追いかける子、怖くて泣きだす子など、賑やかな夜になりました。(変なポーズをきめた3人は、肝試しのお化け役)

2日目は恒例のドラムサークルで”ぶらぶら(野外センターに現れる妖怪?写真右上)”を呼び出します。今年はユースがぶらぶらとその仲間達に扮し、場を盛り上げてくれました!!

 

最終日のオモイデプログラムでは、子ども達が撮った写真からオモイデ大賞が選ばれ、表彰式もあります。オモイデ写真隊認定カメラマンに選ばれ、嬉しそうな子ども達♪

その子のお父さんは、帰ったら中古のカメラをプレゼントすると言っていました。

 

オモイデ写真隊は、2日間子どもたちと遊びながら、活き活きと遊ぶ子どもたちの素敵な写真をとってくれます。毎年1000枚近い写真から選りすぐり、徹夜でムービーに仕上げます。今年も素敵な表情いっぱいのオモイデムービーを全員で鑑賞し、感動で涙ぐむサポーターもいました。その後は、家族写真を撮り、家族ごとにオモイデ新聞を作成してキャンプ終了・・・。

 

帰り際、ある里親さんから「子どもって、朝7時から夜8時まで遊び続けられるんですね!そういうこと、思い出しました。私じゃ付き合えないけど、サポーターさんが見守ってくれて安心で。久しぶりに気持ちよく昼寝もしました。」と嬉しい感想もいただきました。

 

今年はユースも新メンバー2名が加わり、5名に増えました。ユースとサポーターが小さなチームのような程よい一体感が生まれているのを感じました。

最初の夜はサポーター数人と輪になって夜食のカップラーメンを啜りつつ、そこここで話に花を咲かせ、2日目のたこ焼きは役割分担もバッチリ、お店並みの仕上がりで長蛇の列!子ども達はコーンにのったカラフルたこ焼きに大興奮でした♪

最終日のユースグループの振り返りでも、新メンバーの子が自分の行きたい所に「みんなで行きたい!」と話すなど、『ゆぷろ(ユースと遊びプロジェクト)』を居場所と感じ始めているのかな…、などと嬉しく思いながら終了しました。

(子どもの表情の代わりに、サポーターの笑顔で雰囲気をお伝えできれば、と思います)

 

とても長いご報告となってしまいましたが、来年を楽しみにしている子ども達や、穏やかな繋がりができ始めているユースの子達と、今後も『こぷろ』『ゆぷろ』の活動を大切に育てていきたいと思っています。

大切な第一歩が、皆さまの温かいご支援で無事踏み出せましたこと、厚く御礼申し上げます。引き続き、応援よろしくお願いいたします!

 

 

 

*なお、オモイデ関連作業場を(ほぼ徹夜で行います…)『福岡移住計画』様が無償で提供して下さいました。また、オモイデプログラムで使用するカメラやプリンター等は、キヤノン様よりご提供いただきました。心より御礼申し上げます。

 

 

【リフレッシュキャンプ2018:収支報告】

◆収入:Ready for寄付金 600,000円

◆支出:638,227円 *不足分38,227円は自己資金

            (内訳)

    施設使用料 42,950円

    保険料 14,891円

    通信費 14,176円

    レンタル費 31,800円(タープ6、クーラーボックス2)

    食費 164,999円

    雑費 28,669円

    ユース活動費 26,454円

    協力者謝金 165,000円

    試作、下見 5,288円

    サポーター研修 42,000円(講師謝礼等)

    Ready for手数料 102,000円

 

【ネクストゴール分について】

◆寄付金55,610円(Ready for手数料11,390円)につきましては、今後のユース活動費に使用させていただきます。