プロジェクト概要

石巻の、「こどものまち」。
子どもが主役となり、子どもの力を生き生きと発揮できる「まち体験交流活動」です。

 

初めまして。梅田と申します。私は、石巻で開催される「こどものまち」の運営に携わる、子どものまち・いしのまき実行委員会のスタッフです。
「こどものまち」とは、子どもたちが公共機関や行政、お店など各種サービスを提供する会社をつくり、働き、お金を稼ぎ、遊んだり買い物したりする、こどもたちでつくるこどもたちのまちです。

主役となる子どもの思いや夢、創造性や主体性、感性など本来の子どもの力を引き出し、まちの仕組みや様々な職業を体験しながら、ワクワク・ドキドキの遊び場&学び場にする「まち体験交流活動」です。

1回目となる2012年は、子どもの参画による震災復興まちづくり活動の一環として位置付け、まちのなかのコミュニティスペースや空き地、道などをお借りして開催します。また、普段から石巻で活動しているNPOや大学と、商店街等との有機的な協働により実施します。
このプロジェクトは、その「こどものまち・いしのまき」の運営資金並びに、今回のイベントで子どもたちが作った街に関しての報告書を作成するための費用集めるものです。

 

初めての試みで運営資金が心もとない状況です。
石巻の子どもたちが「こどものまち」でたくさんの体験ができるよう、支援をお願いできないでしょうか。

 

 


「こどものまち・いしのまき」のコンテンツは、二つあります。

 

一つは、小学校高学年〜高校生を対象とした「こどものまち・いしのまき」

—石巻ではじまる、子どもが主役の子どものまち

 

「こどものまち」とは、まちの仕掛けを用いた子ども達の自発的な思いを引き出す遊び。
ミュンヘンでは「ミニ・ミュンヘン」として20年以上前から開催されており、日本では「ミニさくら」「ミニいちかわ」などが有名です。
「こどものまち」には子ども達によって運営されるいろいろなお店やステージ、研究所や市役所、ハローワークなどのさまざまな仕事があり、子どもたちは仕事をすることで、「子どものまち・いしのまき」の賃金(地域通貨)を稼ぎ、買い物やサービスを受けて楽しみます。

 

まちをつくるのも子どもたちです。
子どもの自主性を大切にし、自治能力を身につけさせ、子どもの“やりたい”を応援するイベントが「子どものまち・いしのまき」です。

 

 

1.まちをつくる
子どもたちに「何をしたいのか、何になりたいのか、まちに何が必要なのか」を聞き、
それを大切に、子どもと一緒に企画・演出・運営方法などを考えます。
(大人はファシリテーター&その仕事ができる舞台を用意)。

2.こどものまち
ブースの運営はすべて子どもたちが行い、大人は見守ります(安全管理&聞かれた時にアドバイス)。空き屋・空き地など借りてお店等を展開します。会場によっては、いくつかの店が集結した村を作ることもできます。
子どもたちは仕事や役割を果たすことで賃金(地域通貨)が支払われ、他のお店で物やサービスを受ける事ができます。

 

ケーキさん、生ジュース屋さん、

雑貨屋さん、ねこカフェ、獣医さん

スタイリストさん、アクセサリーデザイナー、フェイスペインティング

アイドル、漫画家、画家、大工さん、テレビ・ラジオ局、ハローワーク

銀行、観光ガイド、公務員、お医者さん、学校の先生 など

 

 

もう一つは、乳幼児〜小学校低学年・大人を対象としたストリートパーティです。

 

ストリートパーティは、まちの路地や空地などをつかって街全体で行うパーティです。
ロンドンでは、コミュニティづくりのきっかけとして盛んにストリートパーティが行われています。

 

今回の「子どものまち・いしのまき」でのストリートパーティでは、様々なプレイカーやキッチンカー等を集結して道遊び・まち遊びをします。

子どものまち・いしのまきに参加できない小さな子を対象とした遊び場、昼食スペースや保護者の待合、各種催し物(ストリートミュージシャン、結婚式、ファッションショー)なども行います。

遊びを通して、老若男女、童心になって遊び、近所の人が出会い、交流し、子どもを中心とした子縁コミュニティの育みにつながります。

 

子どものまち・いしのまき実行委員会は、人・物・情報の拠点として本部を設置し、こどもたちが各店などに入場・退場するときに使う「パスポート」を発行します(デザイン&発行は子どもが行います)。

*パスポートはこどものまちの「住民」の証明。仕事の証明書にもなります。

その他、事務局スタッフが待機し、各所との連絡・落とし物管理・問合わせ対応・パンフレットなどを設置します。

 

また、「こどものまち・いしのまき」限定の通貨が必要であり、通貨名称は子どもが決めます (実際の小石にペンキで3色の色をつけてつくります。通貨の単位は「マキー」にきまりました!)。

 

また、イベント期間中に取材、インタビューを行い、報告書として、子どものまち・いしのまき新聞を作成し、活動を広く知っていただくとともに、イベントだけではない、「仕事」を介した子ども参画のまちづくりに取り組んで行きます。

皆さまからご支援いただいたお金は、「子どものまち・いしのまき」の運営費、および報告書作成費に充てさせていただきます。
石巻の子どもたちの豊かな活動のため、ご支援をどうぞよろしくお願いします。
 

 

・動画も作成しました!宜しければご覧ください。

 

 


最新の新着情報