今回のプロジェクトには、たくさんの方から応援のメッセージをいただいています。そのいくつかをご紹介していきたいと思います。

 

トップバッターは、熊野古道女子部の仲間でもある、野添ちかこさんです。

野添さんは、日本経済新聞の土曜日版「NIKKEIプラス1」での連載など、旅のエキスパートとして、書籍や雑誌、WEBなど様々なメディアで活躍中です。

昨年12月に動画撮影した「熊野古道女子部ガチ合宿」でも、メインキャストとして登場いただきました!

 

左が野添さん。雨の中をたどり着いた熊野古道の三越峠にて

 

◆野添ちかこさんからの応援メッセージ

 

昨年12月の「熊野古道女子部ガチ合宿」以降、2月に仕事で、4月に熊野本宮大社の例大祭に行くことになり、2カ月に1回という脅威のペースで熊野とつながり、その後、いいことがいっぱい起こっています。言うなれば、地図のパズルのピースが一つずつ揃い始めている感じ。

 

江戸時代の「温泉番付」(温泉地を相撲の番付に見立てて格付けしたもの)では、本宮の湯(和歌山県・湯の峰温泉)は「勧進元」として別格の扱いになっているほどの権威ある温泉ですので、その“蘇り効果”も絶大なのかもしれません。

 

今回、女子部メンバーが聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへ、世界中から集まる巡礼者の方々と交流しながら、巡礼の旅に出かけます。最強女子たちのさらなる変化、私としても非常に興味津々です。一人じゃなく、みんなで楽しく幸せを呼びよせる♡ 女子部の活動、サイコーです!

 

これから歩く人たちの道しるべともなる、この旅の道程を一緒に見守っていただき、そして人生を楽しく変革する仲間になっていただければ幸いです。ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

野添さん、応援メッセージありがとうございました!

 

「熊野古道ガチ合宿」で、野添さんが山道を果敢に攻めるシーンはこちら!

 

新着情報一覧へ