エンジンからの駆動を、左右の駆動輪に配分する大切な役目をするディファレンシャルギヤーです。

運動会の入場行進で、内側の人は足ふみ状態でも一段外側の人は大またで早歩きしないと綺麗に行進列が曲がれません。これと同様に自動車も内側のタイヤと外側のタイヤも回転数を差を付けて動かさないと、スムーズに曲がれません。ディファレンシャルの役目はこの差動を機械的に自動行うという、凄い発明なのです。

上記写真はくろがねのデファレンシャルですが、4輪駆動なので前後に付いているので2つあります。左の綺麗な方は通常走行で使わない前側、右の使い込んである方が通常走行時に使用される後側です。

 

後ろ側のデフサイドギヤーはご覧のとおり歯こぼれして無残な状態でした。

想定の範囲内とはいえ、さてさてどうしたものか?

 

お金させ出せば、新造することはできますが、今回の復元プロジェクトは出来るだけ当時の部品を再利用するという趣旨です。

そこでカマド本社のメカニックがあれこれ手を尽くして、ギヤーを再生してくれるという業者様を見つけてくれました!

 

そして再生されたギヤーがこちら!

もともとの写真と左右が入れ替わって写ってますが、左側の切削痕も鮮やかな新品みたいなギヤーが歯こぼれしていた方です(^o^)丿

 

これでフロントとリアのデファレンシャルは問題解決です~

 

引き続き動力伝達系、そして本丸のエンジンへと作業は移行しております。

 

実行者:小林 雅彦

 

 

新着情報一覧へ