またまたご無沙汰したしました、プロジェクト代表の三島です。また文字ばっかりのご報告で恐縮ですが・・・

 

第三陣以降、このクラファンご支援での運搬は少しお休み。最後の什器峻別作業、レスキューのとりこぼしがないかの最終確認作業、そして手運びできる小物や椅子・小机などの小型什器のレスキューをつづけていました。

 

そしてようやく、先週末、小物・小型什器系の手運びは完了。

 

思いのほか椅子類も充実し、今後の整理と調査、活用が楽しみです。

 

手運びや最終確認の間にも、断続的に、農学部からのレスキュー什器が、仮置きのために旧工学部本館に運び込まれています。理学部什器レスキューの時にギューギュー山積みしてしまって懲りたので、仮置きといえど、狭くても通路を確保し、また家具種ごとの配置を心がけています。そうすることで、うきは分館でもより整然と配置できるようなります。

 

そしてその農学部什器の前に、第四陣として、文系図書室からの什器搬出もあります。それは多分今週末になりそうです。

 

あと2回の搬出を残すところとなり、運搬経費も全体もみえてきました。つくづく、セカンドゴールまでご支援頂けて、本当によかったと思っています。それでも第五陣の農学部什器は、ひょっとしたら運搬しきれないものがかなり出るかもしれません。旧工学部本館での仮置きは、年内はなんとか大丈夫そうなので、その間にまた費用を工面しようと思っています。

 

その工面の方法の一つとして考えているのが、チャリティー蚤の市とチャリティーワークショップ。まだ詳細はお伝えできませんが、旧工学部本館がある旧箱崎キャンパス保存地区や、うきは市内で開催しようと構想中です。とっても楽しい、でもちょっと考えさせられるような、そんな大学博物館ならではの企画にしたいと思ってます(とはいえ、ギフトの送付もありますので、まだ少し先の話ですが・・・)。

 

企画が確定しましたらお知らせしますので、楽しみにしていてください♪

 

それでは、また!

新着情報一覧へ