クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

障害のある人たちとパフォーミングアーツの制作・発表をしたい!

樋口龍二(NPO法人まる)

樋口龍二(NPO法人まる)

障害のある人たちとパフォーミングアーツの制作・発表をしたい!
支援総額
1,082,000

目標 1,000,000円

支援者
76人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年02月04日 15:37

フラグ、これからも続きます!

2月1日(土)、2日(日)と「フラグ -Lifemap-」公演全日程が、無事終了しました。

 

ここへ来るまでには不安と葛藤の中で、表現に対する意思と自分自身に向き合い続けた出演メンバーの大きな存在がありました。慣れない稽古の日々、体力と気力の限界を見せつけてくれた彼らに気付かされたことがたくさんありました。

 

READYFOR?で支援を募集させていただいている最中ですが、告知をしている通り、今年度の公演日時はすでに決まっていました。
例え、公演後に万一プロジェクトが成立しなかったとしても、この舞台だけは実現させたいという意志から、メンバー一同覚悟を決めて「えいやっ」と上演したのでした。

上演の結果、前売券は完売し、当日券のお客さまが会場に入りきれないほどのご盛況をいただきました。
両日共に、たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。


今年7年目を迎えた「Lifemap」が、ゼロからパフォーミングアーツを制作すると決まってからあっという間に時間が経ちました。

「障がいのあるアーティスト、求ム。」と掲げた10月13日のオーディション(たった四ヶ月前!)、11月2日のメンバーとの初顔合わせを思い返すと、正直なところどんな作品になっていくのか想像が容易ではありませんでした。

 

それが実現できたのは、主催者であるNPO法人まるのほか、プロジェクトチームを構成しているさまざまな分野で活躍する人達や、今年から新たに(もう、それは)心意気だけで加わってくれた、舞踏家や振付家、衣装家の人たちの支えがあってこそのことでした。


ただ、「フラグ」のタイトルにもあるように、

今回の作品はあくまで次に進むための伏線です。


「フラグ -Lifemap-」は、

やっとスタートラインに立ったところであると、思っています。

 

来年度にむけても、引き続きパフォーミングアーツ作品を発表していく予定です。

 

 

そのためには、進み続けるための制作資金がどうしても必要と感じています。

 

さらに「次」の展開を目指し続けていきたいと思っておりますので、今後ともご支援、ご協力のご検討をいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

最後になりましたが、近くから遠くから、さまざまなかたちで応援してくださった皆さまに心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。

(猪股)

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・ サンクスレター
・ 映像作品のエンドロールに氏名を明記

支援者
33人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・ サンクスレター
・ 事業の報告書(約30頁)
・ 映像作品/DVDのエンドロールに氏名を明記
・ 映像作品/DVD

支援者
42人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・ サンクスレター
・ 事業の報告書(約30頁)
・ 映像作品/DVDのエンドロールに氏名を明記
・ 映像作品/DVD
・ 当法人が運営する「工房まる」のカレンダー

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

・ サンクスレター
・ 事業の報告書(約30頁)
・ 映像作品/DVDのエンドロールに氏名を明記
・ 映像作品/DVD
・ 当法人が運営する「工房まる」のカレンダー
・「Lifemap2013 otto&orabu Live in IMS」DVD

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする