プロジェクト概要

ネグレクト、虐待、貧困…助けを必要とする日本の子どもたち。彼らとその家族が一時避難出来る場所「森の学校 ライオンの隠れ家」を運営し、手遅れにならないようにサポートしていきたい。

 

初めまして、「森の学校ライオンの隠れ家」代表の平井薫です。岐阜県岐阜市にある椿洞の古民家を借りて、家庭に問題を抱えた子ども、そしてその家族が一時的に避難して心安らげる場所を提供するために2016年9月に活動をスタートしました。

 

縁あってある家族と知り合い、その家族を救いたい一心で自殺防止活動の共同代表理事の杉山と少ない仲間で始めた活動のため、まだ資金源は確保できておりません。今後継続していくためには1つ1つ整えていく必要があります。幸い、自然豊かな古民家と無農薬玄米は確保出来てますが、今後、温かい食事や入浴・いのちの大切さを学ぶ機会などの提供を継続するためにの運営費が必要です。

 

今回のクラウドファンディングではこのライオンの隠れ家の運営費、そして出来れば市街地を離れた場所にあるため送迎が出来る車両を購入し、助けて!と言い出せない子どもや家族の元へ迎えに行くことが出来る様にしていきたいと考えています。私たちに力を貸して頂けませんでしょうか?応援、どうか宜しくお願い致します。

 

みんなで食卓を囲みます

 

懐かしい雰囲気の古民家で親子を迎えます

 

 

年間10万人もいると言われる異常に高い日本の自殺率。話しを聞いてもらえない、周囲に理解をしてもらえない、その嘆きを受け止めるのが命のコールです。

 

元々、私と杉山は命のコールという自殺防止電話相談の活動をするNPO法人の理事を務めており、自殺に走ってしまう方の話を正面から受け止めることが出来る「ゲートキーパー」の育成に力を注いでおりました。豊かになった一方、日本は自殺者が異常に多く、特に15歳~24歳の若者の自殺率は減少傾向にある欧米諸国に対し、ここ20年間増加し続けています。

 

ゲートキーパー講習では傾聴の大切さと同時に、聴いたあとの自分の感情の処理の仕方や脳のメカニズム、深層心理を理解することで「気持ちを受け止める聴き手」を育成。この聴き手を増やすことにより、自殺者を生み出さない社会、生まれてきてよかったと皆が言える社会を実現することを目指して活動する中、ある家族に出会いました。

 

無料相談をして頂ける命のコール

 

 

社会から誤解され、劣悪な生活を強いられている親子。しかしそれは、誰にでも起こりうることが原因でした。

 

命のコール活動を続ける傍ら、問題を抱えている家庭に向けた「寺子屋&子ども食堂」のお手伝いに参加しました。かなり問題がある子どもたちだと聞いていましたが実際に関わってみると何の問題もなく、ちゃんと向き合えば信頼関係が作れ、周りに配慮もできるとても素晴らしい子どもたちでした。これは、子どもに問題がるのではなく、周りの大人によって問題視されていることこそが問題であると感じました。

 

しかし、満足に食事を摂れていない、同じ服を着ているなど目につく箇所もあり、気になってご両親の話を聞く機会を作りました。すると、不安定な雇用から貧困に陥り、助けを求めたくても行政に子どもと引き離される恐怖から誰にも相談出来ず、その結果子どもたちは劣悪な生活を強いられていることが分かりました。

 

子ども食堂にて

 

 

信頼関係をゆっくりと築く中でようやく自宅に入ることが出来た時、とても人が住める場所ではないと衝撃を受けました。行政への恐怖がある以上、私たちでどうにかするしかない。そこで、親子が一時的に避難し、自然と触れ合い、自然の食材を食べ、心の声を聴くことによって心身共に蘇生できる場として「森の学校 ライオンの隠れ家」をスタートすることにしました。

 

ライオンの隠れ家では毎月1回、子ども食堂やいのちの授業、子ども空手教室などを 開催。食事の提供や入浴、カウンセリングなどこれまでの人脈を駆使して出来うる限りのサポートをしています。しかし、残念ながらこの活動は継続出来なければ意味がなく、今のままでは続けていくことは難しいと感じています。

 

バナナの木が生い茂る自然豊かな場所です
ヨガ教室を開催したこともあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「助けて!」と言えない子どもたちのためのライオンの隠れ家。親と引き離すことでは解決しない、だからこそ親子で避難できる場所を提供したい。

 

昨今、社会からはみ出して学校へ行けなくなってしまった子どもや若者が増えています。親も子も、うつ病や、ADHD、アスペルガー症候群などの発達障害を抱え、社会から孤立。問題視され、見えていないだけで身近に放置されている家族が沢山存在します。

 

ライオンは古代エジプトにおいて太陽の使者とされ、光、真実、再生の象徴とされていました。ライオンの隠れ家は、本来の持てる力を発揮する為、一時的に避難して再び立ち向かう為の力を蓄えることが出来る駆け込み寺です。未来を担う子どもたちを地域で支えていくことが出来る様、どうか応援して頂けないでしょうか。ご支援、宜しくお願い致します!

 

協力して下さる方々の御陰で様々な教室の開催が可能です

 

*支援金使途内訳*

森の学校ライオンの隠れ家の運営費、送迎用の車両購入費、リターン費、Readyfor手数料の一部として使用させて頂きます。

 

*神門耳つぼセラピーのご紹介*

神門メソッドで有名な飯島敬一先生開発の耳つぼセラピー。自律神経を整えることに注目したオリジナルのメソッドで全身の経絡とツボ及び、反射区が集結している耳の中でも、自律神経を活性化するツボ「神門・しんもん」に注目したもの。飯島先生の著書に「耳をひっぱるだけで超健康になる」などがあり、現在、神門堂にて全国でセミナー開催や講演会実施などの活動を広げており、このメソッドを学んだ平井がリターンの1つとして耳つぼセラピーを行います。

 


最新の新着情報