はじめまして、LunchTripの創設メンバーでLunchTripCrewのkyokoです。

私は元青年海外協力隊で西アフリカのブルキナファソに派遣され、現在も縁あって再びブルキナファソに住んでいます。

 

日本から遠く離れた国に住んで感じるのは、日本人とあまり関わる機会のない国では、日本がどこにあるのかはおろか、日本と中国や韓国との違いが分からず、東アジアを一色単に同じようなイメージを持たれていたり、同じ国だと思われていることもあります。地方の村の人たちは、日本という国自体を知らない人もいます。

 

それは、日本人がアフリカにあるそれぞれの国のイメージより、ひとくくりにどの国も「アフリカ」と同じようなイメージを持っているのに似ている気がします。

 

日本人がよく行く観光地ではなく、ラオスやマダガスカルのような日本人があまり旅行で選ばない場所へ行き、日本を紹介するツアーをすることは、ツアー参加者にとってその国を知ることのできる機会になるのはもちろん、その国の人にとっても日本人と関わり日本について知ることのできる貴重な機会になるはずだと思います。

 

そして、LunchTripのコンセプト「美味しい笑顔が世界を好きになる直行便」の通り、私たちは「食」がそれぞれの国の文化を理解する楽しいきっかけになると信じています。

 

世界に誇る日本の食文化が、様々な国や地域の人達が日本を知り好きになるきっかけになるよう、LunchTrip海外ツアーを今後盛り上げていけたらと思っています!

 

Kyoko

新着情報一覧へ