白石あすか(しらいしあすか 36歳)・東京都 

産後12年,9年,2年

東高円寺教室(マタニティ/産後)・西麻布教室(産後)

インストラクター歴11年


インストラクターになったきっかけ

第一子産後1年、育児だけの生活に煮詰まり「働きたい」と思い始めた頃『Bonita通信』の中の「インストラクター養成」の小さな記事が目に止まりました。幼少から習っていたダンスと出産の経験が活かせる仕事?と軽い気持ちで講座に参加。目からウロコの連続、知れば知るほど納得。エクササイズだけでなく、コミュニケーション、セルフケアの3本柱で構成されているプログラムに「これだ!」と確信し、受講後には勝手に使命感をもって「インストラクターになります!」と宣言していました。…24歳の夏

 

デビューしたての11年前

 

マドレボニータに初めて出会った時に感じたことは?

体力低下、アイデンティティの喪失…自分が産後心身とも辛く、入院するほどこじらせてしまった理由が初めてわかりました。せめて出産前より痩せたい!と体重の数字にこだわっていたので「産後はダイエットじゃなくリハビリ」というメッセージは衝撃的でした。私がダメなんじゃなくて、リハビリが足りなかったんだと知り、救われたような気持ちと、もっと早く知りたかったという憤りとが入り交じっていました。

 

10周年イベントで

 

養成コース生だった頃のことで印象に残っていることは?

養成コース生以上に、先輩方が研修や講座に熱心に参加し、翌日には濃厚なレポート(当時はFAXで送り合ってましたw)が仕上げられることです。デビュー後も学び続け、分かち合う仲間に加わりたい!と食らいついていくのに必死でした。

 

年に一度のインストラクター合宿ではダンスを担当

 

このお仕事をしていて得たことは?

リスペクトできる仲間、産後女性との出会い、です。自分の体と心に真摯に向き合う姿にいつも胸を打たれています。素敵だなと思える場面や人たちに出会うたびに、「自分はどうしたい?」と在り方を問うようきっかけをもらってます。

 

10周年のファッションショーでは振り付けと演出も

 

クラウドファンディングに応援メッセージをお願いします。

自ら“取り組む”産後ケアを母となったすべての人へ届けるためには、もっとインストラクターが必要です!志を一緒に切磋琢磨できる仲間に出会うべく、どうかみなさまからの熱いご支援をどうぞよろしくお願いいたします。ご支援くださったみなさまへ、本当にありがとうございます!!すでにこれだけたくさんの方に支持していただいてることが活動の励みになっています。みなさまの思いを形にできるよう、なんとしてでも達成したいですね!

 

 

 

新着情報一覧へ