クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子育てママを応援する同行保育サービスの販促グッズを作りたい!

関川房代(ママのお助けコンシェルジュ)

関川房代(ママのお助けコンシェルジュ)

子育てママを応援する同行保育サービスの販促グッズを作りたい!
支援総額
300,000

目標 275,000円

支援者
43人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年12月09日 21:57

ベビーシッターでなく、「コンシェルジュ」と名付けた理由は…

ママのお助けコンシェルジュの事業を初めて1年半がたとうとしています。この間さまざまなシーンでのご利用をいただきました。

 

このサービスを考えるきっかけとなったのは、自らの体験です。実家が遠く、夫の帰りが遅く、転勤でこの地にきたことで知り合いもなく、土地勘もない。そんな中で子どもを育てるということは、私の重責になっていました。

 

そんな私の不安は子どもに通じるのでしょう。子どもは私から離れることに不安を感じる子で、人に預けるということが難しい子でした。一時保育も体験しましたが、ずっと泣きっぱなしで保育士さんから「大変でした!」といわれるほどでした。そんな言葉も、私をさらに追い詰めるものでした。


子どもを我慢させることなく、親も安心して負担なく預かってもらえるサービスがあればいいのではないか?そこで生まれたのが「ママのお助けコンシェルジュ」です。ベビーシッターでなく、なぜ「コンシェルジュ」なの?そもそもこの名前を思いついたのは・・


当時放映されていた、NHKの朝ドラ「純と愛」で、女優の夏菜さん演じる主人公の純が、再就職するホテル『里や』にて、24時間コンシェルジュとして、昼夜問わず 客のために走り回りお客が増えていくというくだりがありました。コンシェルジュというと一流ホテルでのスマートな対応を想像しがちですが、このドラマの主人公は、決してスマートではなくとも、お客さんに寄り添い、少しでも要望に応えたいと奮闘するのです。それを見て、「そう!このイメージだ」と思ったのです。


付き添いや、お子さんの預かりに、プラスして、私たちが得意とする地域の情報力や、ネットワーク力を活かし、お母さんをサポートするのが「ママのお助けコンシェルジュ」です。質の高いサービスをめざし、今回Ready for?にトライしました。ぜひ応援をよろしくお願いします。 (もっちゃん)

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

●サンクスメール

支援者
27人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

●サンクスメール
●広報誌「おつかれたー」(Readyfor?特集号)を1部
●広報誌「おつかれたー」(Readyfor?特集号)にお名前の掲載
●川崎市の特産品(川崎産地場野菜または銘菓「田園ぽてと」【5個入】

支援者
15人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

●サンクスメール
●広報誌「おつかれたー」を(Readyfor?特集号)1部
●広報誌「おつかれたー」(Readyfor?特集号)にお名前の掲載
●川崎市の特産品(川崎産地場野菜または銘菓「田園ぽてと」【5個入】
●法人ホームページとママのお助けコンシェルジュホームページへバナー掲載(1年間)
※バナーもおつくりします。

支援者
1人
在庫数
1

プロジェクトの相談をする