プロジェクト概要

東北や震災遺児を支援してくださった、たくさんの方に感謝を伝えたい!

 

はじめまして、私はみちのくフラワープロジェクト代表の大友健裕と申します。宮城県岩沼市の出身で、東日本大震災の折、震災遺児となりました。そして、現在は震災遺児の進学支援を行う、「公益財団法人みちのく未来基金」の支援を受け、同志社大学に通い、社会統計学を学んでいます。 将来は社会統計学を利用して、社会作りに貢献できるような仕事に就けるよう、日々勉学に励んでおります。

 

この度、その被支援者である私たちから、東北を支援していただいたたくさんの方へ感謝を伝えるイベントを開催するために、資金の調達を行います。


今回のイベントは第2回であり、第1回は昨年の夏に、宮城県石巻市の石ノ森萬画館前の広場で開催されました。来年2016年の春に第2回目のイベントを行うため、現在、企画、準備、広報活動を行っております。

 

しかし、現在イベントの費用が不足しています。皆様のご協力をいただけないでしょうか。

 

 

 

 

みちのく未来基金とみちのくフラワープロジェクト

 

「公益財団法人みちのく未来基金」とは、東日本大震災で両親または片親を亡くし、震災遺児となった子どもたちの「大学・短大・専門学校への進学」をサポートする基金です。震災当時0歳児だった子どもが、高校卒業後の進学先に入学し卒業するまで、支援が継続されます。

 

みちのく未来基金は、震災によって夢を追うことが難しくなってしまった私たちに、奨学金という形で手を差し伸べてくれました。また、年に一度開催される「集い」などを通して、たくさんの方々と出会うことが出来ます。そこで出会ったみちのく未来基金事務局のスタッフの方々や、みちのく未来基金のサポーターの方々、同じ立場の学生と触れ合うことで、学生生活や私生活の心の支えにもなっています。


この被支援者である学生たちを、「みちのく生」と呼んでいます。このみちのく生の中から、自ら手を挙げたメンバーが集い、昨年「みちのくフラワープロジェクト」を結成しました。

 

今年は、代表2名、会計2名を中心に、合計14名のメンバーでプロジェクトの活動を行っております。メンバーは京都や宮城、岩手、青森と様々な都市の学校に進学しており、中々直接集まることはできませんが、週に2度のWEB会議で、企画・準備・広報活動を進めています。徐々にメンバーも増え、更に活動も活発になってきています。


みちのくフラワープロジェクトは「はな❁みちプロジェクト」という略称で呼ばれており、この名称から、「はなぴよ」というマスコットキャラクターが生まれました。

 

この「はなぴよ」は、昨年フラワーアートなどのデザインを担当し、現在私とともにプロジェクトの代表を務めるみちのく生がデザインしました。

 

 

 

 

みちのく生をモチーフにしたこの小鳥は、支えて下さっているたくさんの人たちに、感謝を届けに行きます。

 

 

 

昨年の夏に、感謝を伝えるイベントを石巻市で

 

昨年の夏に宮城県石巻市の石ノ森萬画館前の広場で、第一回目のみちのくフラワープロジェクトのイベントを開催しました。

 

「自分たちや東北を支援してくださっている全国の方々へ感謝の気持ちを伝えること」「未来のみちのく生を見つけるため、みちのく未来基金を多くの人に知ってもらうこと」をコンセプトに、フラワーアートをメインに、後援企業様の出店、スタンプラリー、ステージライブを実施しました。

 

メインのフラワーアートは、日頃気持ちを伝えるものとして使われる花を使い、私たちから支援者の方々への感謝の気持ちを表現しました。直径15メートルのこのアートは、ご来場いただいたお客様にもご好評をいただきました。遠方からお越しいただいたみちのく未来基金の支援者のサポーターの方々にも、アートを通して感謝の気持ちを伝えることが出来ました。

 

二日間で500名以上のお客様にご来場いただき、支援者の方や地域の方とお話をすることで、私たちの活動目標を達成することが出来ました。
 

 

 

伝えることの難しさ

~伝えたい思いが強いからこそイベントを通じて伝えたい思いがある

 

私は昨年度のプロジェクトでは、執行部の一員として、またイベントの広報代表としてプロジェクトに携わりました。
初めてのイベント運営ということもあり、なかなか慣れないことが続き、挫折しそうになったことが何度かありました。過去に文化祭などの実行委員の経験もない自分が、正直何をすれば良いかわかりませんでした。特に、広報は中核を担う存在で、準備期間は夜遅くまで考え込むこともあり、眠れない日々が続きました。また京都の大学に通っていることもあり宮城県の方まで毎週のように帰る日々もあって、身体的にも精神的にも辛い時期がありました。

 

しかし、イベントが開催に近づくにつれ、はじめは、慣れない広報の仕事につらさを感じていたものの、どんどんと形が見えてくるイベントの内容や、全力で準備に取り組む仲間の姿を見て、日増しに「必ず成功させて、感謝の気持ちを伝えたい!」という思いが強まりました。

そしてイベントでは、実際に寄付してくださっている方々と直接お会いすることができ、話すことができて、本当に貴重な体験をさせていただきました。普段は直接お会いできない寄付者の方々とお会いし、触れ合えたことは何よりも嬉しかったです。
またプロジェクトを通して「何かを伝える」ということは非常に難しいことだと痛感しました。特に広報活動は難しく、どのようにすれば伝わるのか?考えさせられました。ですが遣り甲斐を感じることができたイベントでした。

来年度のイベントはさらに広報活動にも力を入れ、より良いイベントにできるよう、頑張っていきたいと思います。

 

 

イベント開催資金の支援・ご協力をお願い致します!

 

あの時、手を差し伸べてくださった方々のおかげで、私たちはこの活動に取り組むことが出来ています。

 

私たちみちのくフラワープロジェクトは、支援をしてくださった方々に感謝の気持ちを伝えることで、被災した若者たちの強い想い、そして復興の一端を伝えることを目指して活動しています。また、この活動によってみちのく未来基金をより多くの人に知っていただくことで、まだ見つかっていない「みちのく生」に該当する子供たちが、ひとりでも多く見つかることを祈っています。

 

皆様のご助力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■ 引換券のご紹介 ■■■■■■■■■■■■■■

 

・サンクスレター
  みちのく生からの感謝のメッセージが書かれたはがきです。

 

・レディフォー限定はなぴよ缶バッチ(全3種類)

 

・レディフォー限定はなぴよストラップ
はなぴよのかわいさがつまった小ぶりのストラップです。

 

・はなぴよマフラータオル
はなぴよが描かれたタオルです。普段使いにも向いています。

 

・はなぴよぬいぐるみ
抱きしめたくなるかわいさのぬいぐるみです。

 

・スタッフTシャツ(Mサイズ)
昨年のイベントで、みちのく生スタッフが着ていたものと同じTシャツです。プロジェクトメンバーの熱い想いがつまっています。

※サイズがMサイズのみですので、ご了承ください。

 

・ひまわりの小瓶入りアレンジメント
昨年の石巻でのイベントで会場を彩ったひまわりをプリザーブドフラワーに加工して、かわいい小瓶につめました。
プロジェクトメンバーをはじめ、ひまわりを育ててくれた地元の高校生や地域の方、プロジェクトを応援してくれた方などの想いが、たくさんつまったひまわりです。
お部屋を優しく彩ります。