このプロジェクトへご支援くださった皆様、またプロジェクトベージをご覧くださった皆様、いよいよ本日最終日を迎えました。農繁期と重なり十分な広報ができなかったにもかかわらず、当初の目標額を大きく超えて成立することができました。誠にありがとうございました。

 今回、初めてクラウドファンディングに挑戦しましたが、いったいどれだけの方が関心を持ち支援してくださるのか見当もつかず、担当者の方と相談をすすめるうちに不安が募りました。しかし、もしも目標額に達しない結果になったとしても、少なくともわが家がどのようなことを考えながら有機農業を続けているのか、そしてこのプロジェクトを始めることで何を目指したいのかということを、たくさんの方たちに知っていただく機会になるのは間違いないだろうと考え、それを目標にすることにしました。それだけに、思ってもみないほどたくさんの皆さまからご支援と応援メッセージをいただくことができたことは幸いでした。

 今、食べものを生産する農業、そしてすべてを現金に頼らなくても暮らすことの出来る農村の良さが若い世代を中心に見直される時代へと転換する分岐点に来ていることを、私たちは感じています。私たちは、このはじめたばかりのプロジェクトを息長く続け、農業や農村に希望を見出そうとする若い世代の人たちとつながり、彼ら彼女らへのバトンタッチを進めていきたいと考えています。今後とも温かく見守ってくださいますようお願いいたします。これまで南房総とは縁のなかった方には、ぜひお訪ねいただき、親しみと安らぎを感じていただければ幸いです。

 簡単ではありますが、以上を持って御礼のご挨拶とさせていただきます。

 

  2017年10月6日   

                                                                  やぎ農園・代表 八木直樹

新着情報一覧へ