左から嶋貫さん、河崎さん、音喜多さん

今回のリレーメッセージはこのVRアプリを開発して頂いているGiftedAgentさんのメンバーをご紹介します。

本当に素敵な会社、素敵な人たち。大好きで信頼している開発チームです!

 

 Gifted Agentさん(http://giftedagent.com/)は「偏りを活かす社会を創る」を理念とし、様々な社会的活動を行っている会社です。

 大人の発達障害者に特化したプログラミング、デザインを学べる就労移行支援もされています。

 代表の河崎さん(写真中央)は、15歳でエンジニアで働き始め、17歳でスタートアップを始め、5社を経て、社会起業家となった方。発達障害についての誤解や偏見が多い世の中で生きづらい思いを抱えている人の目線になって、福祉ではなく偏りを活かすという考えのもとに活動されています。

 嶋貫さん(写真左)は、このVR開発のリーダーとして全体を取りまとめて開発を進行して下さっています。このVRの大きなポイントになっている美しく繊細な映像は、嶋貫さんが制作しています。いつもセンスあふれる提案を頂き、想像以上に良いものが出来上がりつつあります。

 音喜多さん(写真右)はシステムを作って下さっています。はじめは依頼するこちらの構想がもやもやして固まっていませんでしたが、何ができてできないかが分からない私たちに一つ一つ対応して頂きました。何度もミーティングを重ねる中で、無茶な依頼や度重なる変更にも嫌な顔一つせず、穏やかな安定感を持って着々と進めて下さり、今のアプリが出来ています。

 ほかにもこのVR開発に関わって下さったGifted Agentの方々がいます。まだ終わっていませんが、今年1月に初めて会社に伺った時から考えると、ここまで協力して頂いた皆さんが本当に愛おしく感謝の気持ちでいっぱいです。

 私(山下)が福岡から2人子連れで渋谷のオフィスに伺ったときの皆さんの対応が暖かかったこと、忘れません。

 Giftedは神様から社会への贈り物。個性や才能が紡ぎ出すものを贈り贈られ、より豊かな社会がココから作り出されていくのを目の当たりにしています。
 皆さんが幸せで充実した人生をこれからも歩んで行かれますように。

新着情報一覧へ